発電@ふたば[ホーム]


[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)
  • 添付可能:GIF, JPG, PNG, WEBM. 2000KBまで. 250x250以上は縮小.
  • 現在2人くらいが見てます.カタログ 新順 古順 多順 少順 履歴
  • スレッドを立てた人がレスを削除してスレッド内に限ってアク禁にできます.
  • メール欄に「id表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をid表示にできます.
  • メール欄に「ip表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をip表示にできます.
  • 福島原発事故.計画停電.節電.放射能.放射線.
    原子炉.高速増殖炉.放射性廃棄物.再処理.
    再生可能エネルギー.自然エネルギー.火力・水力・原子力・核融合
    地熱・太陽光・太陽熱・風力・波力・潮力・バイオマス
  • 管理人への連絡は準備板 ご意見へ. 削除依頼は記事番号の右のdelを押して下さい.
  • スマホ・携帯ふたば入口 この板の保存数は300件です. 規約
  • 新しい板: 新板提案 避難所 そうだね sqlip 模型裏


画像ファイル名:1515678170273.jpg-(140443 B)サムネ表示
140443 B前原子力規制委員長の田中俊一氏、飯舘村での生活スタート Name 名無し 18/01/11(木)22:42:50 No.583962 del 26日06:23頃消えます
 前原子力規制委員長の田中俊一氏(72)=福島市出身=が19日までに、東京電力福島第1原発事故による避難指示が大半の地域で解除された飯舘村での生活をスタートさせた。原発事故直後の混乱期にモデル除染を行った、思い入れのある村に6年を経て戻ってきた。
「いずれは村で生活したい」。規制委の委員長を引き受けた時からの思いは、任期の5年がたっても変わらなかった。田中氏は事故直後、長泥地区の行政区長鴫原良友さん(67)の住宅でモデル除染に取り組んだ。除染は2012(平成24)年の委員長就任まで定期的に続け、就任後も鴫原さんらとは連絡を取り合ってきた。
「村や村民の希望を受けながら、自分ができることをやっていきたい」と語る田中氏。その中でも長泥地区へ対する思いは強い。同地区は、避難指示解除に向けた「ミニ復興拠点」の整備計画策定が進んでいる。環境省による村内の除染で出た土壌を再利用する計画もある。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171220-229518.php
無題 Name 名無し 18/01/11(木)22:43:22 No.583964 del
村全域の復興に向けた議論は待ったなしの状況で進んでいる。「まずは長泥の皆さんが喜び、楽しみながら再生を図れる道筋を作るのが自分の役割」。原子力委員会委員や日本原子力学会会長、初代原子力規制委員長としての経験、人脈を役立てるつもりだ。
 村での生活を決めたのは農村として歴史を築いてきた村での生活への強い憧れもある。楽しみにしているのは山歩きだ。「村民とどんどん交流の場を持ちたい。村での生活はとにかく楽しみ」

助言役に委嘱検討
 原発事故からの復興を進める村は、田中氏を村の復興全般のアドバイザーとしての委嘱に向けて検討を進めている。菅野典雄村長は「これまで培ってきた人脈で村の復興を後押ししてほしい」と期待した。鴫原区長は「長泥の復興に向けて、とても頼もしい存在だ」と歓迎した。
 田中氏は、月の半分程度は村内で生活しながら、被災12市町村を中心に村や浜通りの復興に取り組む考え。
無題 Name 名無し 18/01/13(土)21:32:05 No.584018 del
福島出身だったんだな
無題 Name 名無し 18/01/14(日)11:05:28 No.584023 del
    1515895528909.jpg-(70462 B) サムネ表示
70462 B
推進派側の人なのに
東電にあきれ返ってたな
無題 Name 名無し 18/01/14(日)19:30:07 No.584035 del
推進派のリストでもあるの。見せてくれよ。

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-