モアイ@ふたば[ホーム]


おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)
  • 添付可能:GIF, JPG, PNG, WEBM. 2000KBまで. 250x250以上は縮小.
  • 現在4人くらいが見てます.カタログ 新順 古順 多順 少順 履歴
  • スレッドを立てた人がレスを削除してスレッド内に限ってアク禁にできます.
  • メール欄に「id表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をid表示にできます.
  • メール欄に「ip表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をip表示にできます.
  • 削除依頼が閾値を超えるとidを表示します.
  • 埴輪・土器石器・世界遺産・遺跡・古代文明
  • 管理人への連絡は準備板 ご意見へ. 削除依頼は記事番号の右のdelを押して下さい.
  • スマホ・携帯ふたば入口 この板の保存数は10000件です. 規約
  • 新しい板: 新板提案 避難所 そうだね sqlip 模型裏


画像ファイル名:1486704638347.jpg-(19746 B)サムネ表示
19746 B無題 Name 名無し 17/02/10(金)14:30:38 No.41491 del 18年4月頃消えます[返信]
エンタメ小説もモアイで語っていいの?
レス2件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/02/10(金)23:12:30 No.41499 del
筋トレスレまで立ってるんだし流れによっては全然ありなんじゃないの
むしろなんでダメだと思ったし
無題 Name 名無し 17/02/11(土)12:02:53 No.41500 del
新板提案で上がったアイディア
ちっとも採用されねーのな
無題 Name 名無し 17/02/11(土)12:15:49 No.41501 del
世界最古のエンタメ小説って何だろうね
源氏物語は言うほど世界最古じゃないんだね…
無題 Name 名無し 17/02/11(土)14:03:48 No.41503 del
>世界最古のエンタメ小説って何だろうね
>源氏物語は言うほど世界最古じゃないんだね…
口承文学でよければイリアスとオデッセイアじゃないのか
無題 Name 名無し 17/02/11(土)16:14:01 No.41504 del
ギルガメシュ叙事詩かな
俺は刺客の巨人が女を知って知性を得たが
寿命も得てしまった話だけしか知らない
無題 Name 名無し 17/02/11(土)17:26:03 No.41506 del
イリアスとかラーマーヤナは演劇にして楽しんでた記録が残ってるけど
ギルガメッシュ叙事詩にはそういう痕跡あるのかな
無題 Name 名無し 17/02/11(土)21:40:23 No.41507 del
小説としては最古レベルじゃね?じゃね??
無題 Name 名無し 17/02/12(日)11:47:52 No.41510 del
小説の定義自体よくわからない・・・
それを言うなら民話にも小説的な話あるし
無題 Name 名無し 17/02/12(日)13:46:36 No.41513 del
推理小説に関しては旧約聖書のソロモン王の裁判のくだりだとか
単体での推理小説の始祖はポーのモルグ街の殺人と言われているな
無題 Name 名無し 17/02/12(日)16:08:07 No.41517 del
そもそも西洋的なnovelの訳語としての小説の話なのか東洋的な小説の話なのか
novelの話だとしたらepicがnovelなわけないし

画像ファイル名:1471877570525.jpg-(64646 B)サムネ表示
64646 B無題 Name 名無し 16/08/22(月)23:52:50 No.36318 del 10月13日頃消えます[返信]
この記事を読んで調べてみたんだが、大和朝廷にはわんこ専門の部署があったんすね〜知らなかったなあ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E9%A4%8A%E9%83%A8
このスレは古いので、もうすぐ消えます。
レス31件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/02/02(木)22:12:06 No.41372 del
http://www.ct.osakafu-u.ac.jp/~y_yuki/kirin.htm
江戸時代からキリンの使用例はあるみたい
無題 Name 名無し 17/02/04(土)11:38:07 No.41408 del
>西王母の仙桃

別名「桃源郷」
だから桃太郎は桃源郷出身なんだと
無題 Name 名無し 17/02/04(土)19:03:33 No.41415 del
十二支のトリだとしてなんで雉子なんだろう
無題 Name 名無し 17/02/04(土)22:20:27 No.41419 del
>十二支のトリだとしてなんで雉子なんだろう
結構目立って綺麗な割に身近にいるからかな?
思ったより畑なんかにいるんだよね
無題 Name 名無し 17/02/05(日)09:29:41 No.41421 del
>十二支のトリだとしてなんで雉子なんだろう
おいしい
無題 Name 名無し 17/02/05(日)19:00:13 No.41434 del
>おいしい
雉「きびだんごを食べている時気付いたんだ。僕を見るみんなの目が妙にねっとりしてる事に」
無題 Name 名無し 17/02/05(日)20:54:05 No.41438 del
野生の蹴爪カコイイ!とか>雉
無題 Name 名無し 17/02/06(月)11:55:01 No.41449 del
国鳥理由が「おいしい」だからそう変わらん気がするよね
無題 Name 名無し 17/02/09(木)16:31:23 No.41486 del
犬猿、て犬が警戒心剥き出しにするもんだから
猿がカチンときてオラオラ絡むんだろうなあ
他の動物同士はあんまり構い合わないけど
無題 Name 名無し 17/02/10(金)13:35:17 No.41490 del
雉「ケーン!」
羊「xエーン!」
でケンエンの仲

画像ファイル名:1483243522755.jpg-(113484 B)サムネ表示
113484 B無題 Name 名無し 17/01/01(日)13:05:22 No.40531 del 18年2月頃消えます[返信]
お雑煮というか料理のレシピの伝播について
土地の風土に合わせてレシピが多少変わるとしてもどうして角餅が丸餅になるんだろう
レス107件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/02/09(木)12:48:47 No.41481 del
>説は江戸時代の寿司が両手サイズなので否定されてる
その画像で思い出したんだけど
結構前に別なとしあきが100年前の寿司を出す店ってのに行ってきて食べたら
その寿司は今で言うでっかいおにぎりの上に漬けの刺身を乗っけたものだったって言ってた
どうも1899年頃辺りの寿司はむしろ変則のおにぎりやおむすびみたいなのに近かったようだと
あと味もかなり大味な感じだったって感想だったな
今の様な小ぶりな寿司になるのはそっからさらに時代が下って1900年代以降になってからなんだろう
無題 Name 名無し 17/02/18(土)19:37:04 No.41575 del
餅以外必須の材料ってないのね
なんか変なの
無題 Name 名無し 17/02/23(木)16:23:06 No.41661 del
>関西「三角形は葬式用」
亀すぎるけど
いまどきそんなこと言うやついねーぞ
無題 Name 名無し 17/03/01(水)01:17:28 No.41741 del
>こんな凶暴な奴を中央アメリカでは養蜂に使っているとか
さっき地球ドラマチックのラーテルの話を見た
凶暴でなければちょろい餌なんだな
無題 Name 名無し 17/03/15(水)16:25:40 No.41916 del
スレ画に関連して
海の上で年越しとなった場合
軍艦で雑煮なんて出した例はあるのかな
無題 Name 名無し 17/03/18(土)02:57:25 No.41959 del
>サトウのまる餅初めて見た
>関西ではメジャーなのかな
和歌山だけど家族が買ってくるのは丸餅の個別包装。角餅正直に見たことない。
無題 Name 名無し 17/04/15(土)00:08:41 No.42385 del
    1492182521063.jpg-(77837 B) サムネ表示
77837 B
>とはいえこれらは現金で売買されているので都市部での消費が中心というより、ほぼすべてが都市部での消費になります
>現金収入を持たない地方の人々には全く手に入らないものではあったでしょうね…
何故九州には菓子が多いのか
何故九州の料理の味付けは甘いのか
江崎グリコ、森永製菓の創業者は何処の出身なのか
調べてみると面白いよ
無題 Name 名無し 17/04/15(土)00:10:39 No.42386 del
    1492182639235.jpg-(63025 B) サムネ表示
63025 B
>雑煮に砂糖入れる地方でもあんのか
出雲の雑煮はこれだ
無題 Name 名無し 17/04/26(水)08:05:35 No.42515 del
>スレ画に関連して
>海の上で年越しとなった場合
>軍艦で雑煮なんて出した例はあるのかな
瀬間喬主計中佐の素顔の帝国海軍シリーズ
の一冊に餅搗写真が有るよ後正月三ヵ日
三日間のうち毎日一食餅と同氏著
海軍用語おもしろ辞典61Pギンメシの稿に
書いて有る
無題 Name 名無し 17/05/27(土)11:51:49 No.42967 del
>出雲の雑煮はこれだ
おしるこだコレ

画像ファイル名:1485141866125.png-(37763 B)サムネ表示
37763 B無題 Name 名無し 17/01/23(月)12:24:26 No.41126 del 18年3月頃消えます[返信]
食人の文化について語れる人・・・いる?
レス114件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/02/05(日)23:32:09 No.41441 del
記録だけなら戊辰戦争にもあるよ
有名どころは町野久吉だが食われたのは当然飢餓が動機ではなく
ただ彼が三人を槍で討ち取り二人を斬り果たした強者であったからという
食用とはちょっと違うけど山田浅右衛門の人胆薬もあったし
人肉食自体への嫌悪感や忌避感は今とはだいぶ異なっていたかもしれない

と言ってもヒト由来製剤は現代でも普通に売買されてはいるのだが
無題 Name 名無し 17/02/05(日)23:49:20 No.41442 del
山窩はまたちょっとアレっていうかアマガミスト自身イマイチ自信もって書いてなかったけど
国樔とか佐伯みたいな人々がいくら山中でも南北朝期以後にまで生き残ってるかよとは思う
無題 Name 名無し 17/02/06(月)16:38:57 No.41450 del
南北朝くらいなら余裕でしょ
江戸時代くらいにならんと
無題 Name 名無し 17/02/07(火)21:26:06 No.41467 del
    1486470366367.jpg-(53098 B) サムネ表示
53098 B
>>人死にで笑い取るのは外道ぞ
>十返舎一九「」

漫☆画太郎「まさに外道!!」
無題 Name 名無し 17/02/07(火)21:34:04 No.41468 del
偉人や作家とレスポンチを並べ立てる非道
無題 Name 名無し 17/02/19(日)23:13:53 No.41611 del
    1487513633094.jpg-(49714 B) サムネ表示
49714 B
山田浅右衛門は打ち首の仕事のついでに
死体から人肝等を取って労咳に効くとした丸薬を作って売ったり
遊女の小指の約束の代用を死体から取ってきて売ったりと
かなりマメに死体商売してたとのこと
無題 Name 名無し 17/02/19(日)23:17:59 No.41612 del
    1487513879871.jpg-(108413 B) サムネ表示
108413 B
骨噛み(母親が亡くなった時)は勝新がやってたな
無題 Name 名無し 17/07/17(月)19:38:43 No.44082 del
超亀で申し訳ありませんが
>>No.41206
ピガフェッタの「コンゴ王国」なら、
1984年岩波書店刊「大航海時代叢書(第U期−1)」に全訳が収録されています。
ただ食人に関する記述はごくわずかですし、底本が1591年のイタリア語版の為、ド・ブロイ兄弟による挿絵もありません。図書館に行けばあると思いますが、期待はずれの可能性大です。
無題 Name 名無し 17/08/21(月)19:24:14 No.44644 del
>骨噛み

たそがれ清ベイで骨食べてたアレも骨噛み?
無題 Name 名無し 17/08/25(金)22:58:18 No.44738 del
名前のインパクトが強すぎるエロマンガ島も食人族の島で、昔布教に来た宣教師を食べちゃってゴメンとか最近謝罪してたな。
キリスト教が本格的に広まってからは食人はなくなったらしいが。

なお日本人が2番目に美味しいとのこと(一番は自分の部族)

画像ファイル名:1485869780360.jpg-(9472 B)サムネ表示
9472 B無題 Name 名無し 17/01/31(火)22:36:20 No.41316 del 18年3月頃消えます[返信]
平宗盛
最終決戦で命乞いって棟梁としてどうなんですか
無題 Name 名無し 17/02/01(水)13:06:24 No.41327 del
結構、宗盛は情け深い家庭人だったらすいぞ

むしろ清盛の弟の平頼盛とその子孫はうまく生き残ってるのがすごい
無題 Name 名無し 17/02/01(水)21:06:03 No.41334 del
藤原泰衡「あとの時代の感覚で論評すんなよ そういうのでよかったんだよ」
無題 Name 名無し 17/02/02(木)12:46:56 No.41357 del
「清水坂で赤子の頃にすり替えられたから、最期はみっともないふるまいをするだろう」という噂が当時からあった
無題 Name 名無し 17/02/02(木)17:38:42 No.41364 del
晋書の劉毅伝曰く、丈夫蓋棺事方定。そのもの........
無題 Name 名無し 17/02/02(木)20:12:07 No.41370 del
「…父さん入水した?したら僕も往こうかな…?」
「…息子入水した?したら儂も往こうかな…?」
「うわーなにこれ海思ったより沈まなーい」
情けないより気の毒でたまらない。

画像ファイル名:1479649705992.jpg-(26081 B)サムネ表示
26081 B無題 Name 名無し 16/11/20(日)22:48:25 No.39473 del 1月11日頃消えます[返信]
物理と哲学
レス73件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/01/17(火)18:01:53 No.40967 del
>物理属性ってなんだよというつっこみ
秒とかメートルとかキログラムとか
国際単位系(SI)で量れるものかな
無題 Name 名無し 17/01/17(火)18:06:59 No.40968 del
科学に必要な因果関係が論理学からは導けないという話に興味があるが
因果関係ってどういう要件を満たせば因果関係なんだろう
論理学ではどれかしか満たしていないとか?
無題 Name 名無し 17/01/17(火)21:18:25 No.40973 del
>和訳すら信用できんやつは確かにある
どこまで確かめるかの限度の問題でもあると思うんだ
たとえば原著といわれているものの正しさはどうやって確保されてるのか簡単にはわからない
特に歴史書なんかは著作者が直接記述したといわれるものでも信用ならないとかあるみたいだし
無題 Name 名無し 17/01/19(木)09:28:42 No.41006 del
特殊でニッチな分野の研究文献て凄く限られる。
最初に手を挙げて問題提起した人間の著書が「原著」、研究テーマがこの文献発祥になるので、原著読み下して理解深めないと、後続の派生文献がコピペなのかウソデタラメ混じりかパクリモンかが判定できない、また原意に呼応した有意義な文献かどうかすらも判定できない。外国語文献なら外国語の知識必須が加わる。
得てして読解、理解、解釈、比較、考察、導入された意見の真意と莫大な時間が掛かるからライフワークになる。
原著の内容真贋の担保言い出すと鶏玉論争になるしね。
無題 Name 名無し 17/01/19(木)13:21:11 No.41011 del
>最初に手を挙げて問題提起した人間の著書が「原著」
賛同できんな
民俗学とかやってると大抵、説明できん事は神秘や性で片付けようとする文献が多くて困る
わからん事をちゃんとわからんと書いてる文献て皆無に近い
無題 Name 名無し 17/01/19(木)21:56:32 No.41024 del
何でも独裁的、強制的に行われた事にしちゃうようなあれか
無題 Name 名無し 17/01/20(金)17:10:11 No.41040 del
査読システムは哲学の類にはないの?
無題 Name 名無し 17/01/20(金)17:49:46 No.41041 del
文系でも学術論文は査読あるよ
無題 Name 名無し 17/01/20(金)19:23:37 No.41045 del
>地名学とかやってると大抵、説明できん事はアイヌ語やマレー語で片付けようとする文献が多くて困る
無題 Name 名無し 17/01/30(月)21:42:12 No.41299 del
物理の場合は常にお手本は自然なんだから「○○(作者名)の」理論Aといった場合の括弧書き部分は重要視されないってだけなんじゃないかな
ビッグサイエンスで再試は難しい時もあるけど再試が確認できない=その論文は間違ってるって評価になるし

画像ファイル名:1482318937431.jpg-(85401 B)サムネ表示
85401 B無題 Name 名無し 16/12/21(水)20:15:37 No.40294 del 18年2月頃消えます[返信]
研究資料ノートスレ
モアイ板では独自の資料ノートを作成している人も多そう
特に神話,伝承,歴史,事件等々を扱う人にとっては
自分だけの切り抜き資料ノートも大変重要なアイテムであろうと思う
単純に目からの情報だけではなく手で書いて身体でも覚えるという方法にも効果的であるし
レス14件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/01/14(土)21:05:38 No.40902 del
新しい中世でぐぐれ
無題 Name 名無し 17/01/15(日)05:15:13 No.40910 del
>ノートとは今時なかなか乙なことしてるな
自由に書けるのいいよね…
上のマサルさんみたいな図も描けちゃう!
無題 Name 名無し 17/01/17(火)18:20:11 No.40969 del
>新しい中世でぐぐれ
調べてみる
ありがとう
無題 Name 名無し 17/01/17(火)21:18:01 No.40972 del
おいちゃん世代は電子メモでは記録にはなっても頭に入らない。
ノートに書き込んであーだこーだ考察推敲の工程が必要。
受験詰め込み教育の弊害かとも思ったが、違うんだな。
ネットで検索は便利なんだが、内容が頭に残るかと言われれば微妙。
無題 Name 名無し 17/01/20(金)07:51:51 No.41034 del
20歳すぎるとエピソード記憶が優位になるから
ノートに書く過程で記憶するほうが記憶の定着率がいいってだけだろう
無題 Name 名無し 17/01/21(土)18:46:21 No.41093 del
    1484991981906.gif-(10207 B) サムネ表示
10207 B
>おいちゃん世代は電子メモでは記録にはなっても頭に入らない。
>ノートに書き込んであーだこーだ考察推敲の工程が必要。
俺も36だけど
メモと推敲用には紙メモがやはりよく
細かい要約と後で検索して見直す用には電子メモ(evernote)がよく
絵にするには有向グラフソフト(graphviz)があるとぶっちぎりに見易くなる
ただ最後のやつ便利だけどコツがいるので
強くお勧めするが無理にとは言えない
無題 Name 名無し 17/01/24(火)07:05:57 No.41143 del
マインドマップみたいだな
無題 Name 名無し 17/01/24(火)07:55:13 No.41146 del
>マインドマップみたいだな
それもできる
テキストファイルに文字でキーワード足して図に変換するタイプなので
少し足して少し変換して見た目がおかしなところは直すを繰り返せば
厳密なモデル化にも柔軟なマインドマップ化にも対応できるのがすごく便利
ブログをタグごと直接書く手間のだいたい半分でできる(wordで普通に文書書く手間の倍はかかるということだが)
図の見やすさというメリットは手間と比べても計り知れないので本当にオススメよ
無題 Name 名無し 17/01/24(火)23:15:08 No.41167 del
上記のソフトで上記の図を再現するところまでやってみたぞ
便利なんだろうけどやはり手間はそれなりにかかるというか
逆説的に紙ってマジ楽なんだなって痛感したぞ
無題 Name 名無し 17/01/27(金)18:20:59 No.41244 del
方向が記憶の為のものになってるが、とある事柄についてまとめられたノートには資料的価値が生まれる
そういった存在に魅力を感じるよ

画像ファイル名:1476092406080.jpg-(26024 B)サムネ表示
26024 B無題 Name 名無し 16/10/10(月)18:40:06 No.38420 del 12月01日頃消えます[返信]
日本奥地紀行のスレ
もう立ってるなら消します
レス18件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 16/12/08(木)21:11:08 No.39959 del
    1481199068996.jpg-(28691 B) サムネ表示
28691 B
天文学者としても高名な、パーシヴァル・ローウェルの”NOTO"も
和訳は日本奥地紀行に似た雰囲気だが、ローウェルのの文章はバードよりは簡潔な英文だ、この本も買い逃すと再販までがなぁ。
英国のペーパーバック版近代古典衆の本は、もう中国とごっちゃ。
無題 Name 名無し 16/12/09(金)23:55:38 No.39974 del
    1481295338240.jpg-(27715 B) サムネ表示
27715 B
御嶽山で行者たちの憑依現象を目撃したローウェルは
彼らがあまりにも容易く自我を神に明け渡すことに驚いたそうな
無題 Name 名無し 16/12/18(日)01:04:56 No.40231 del
>こう言う名著は漫画から入るんじゃなしに、原本読んでから
>漫画に行って欲しいなと思う。今の若いのにはムリなのか?
>多様性と言う名で一般教養や常識を軽視する風潮は
>今後も留まる事がないんだろうな
こういう自分やせいぜい同世代以前の蓄積を尊んで他人なりの蓄積や進路を貶すのがいるから
煙たがられてますます教養や原典から遠ざかられるんだろうな
教養を広める最大の敵は教養原理主義者だ
無題 Name 名無し 16/12/18(日)01:13:05 No.40232 del
本当のインテリなら常に自分や自分の世界を俯瞰するはずだと
思う。それが出来ない人が自分の世界こそ至高だなんて思っちゃう。
あと、過激な暴力革命なんか起こしちゃう。
無題 Name 名無し 16/12/18(日)01:20:51 No.40233 del
ダニング=クルーガー効果は悪いことばかりでもないけどね
普通やらないようなことやって成功したベンチャー企業なんかだいたいこれだし
無題 Name 名無し 17/01/04(水)14:56:54 No.40625 del
>こう言う名著は漫画から入るんじゃなしに、原本読んでから
>漫画に行って欲しいなと思う。今の若いのにはムリなのか?
敷居は低い方が良いでしょう
その後で原作読んで「えーっこのシーンをああ解釈したの」とか対比する楽しみもありますし
逆に原作を読んでからマンガ読むと「そこはそうじゃないだろお!」といらだつ可能性も
まあ漫画家さんの腕次第とは思いますけどね
無題 Name 名無し 17/01/25(水)12:25:13 No.41185 del
不思議の国のバード好きだったけど
これ読んであまりのギャップに嫌いになった
無題 Name 名無し 17/01/25(水)18:37:50 No.41198 del
>40232
明確な立場や思想、派閥みたいなものを示さないと仕事にも商売にも
ならない。本も書けないだろうし。学者や批評家にも本心と立場は
あるはず
無題 Name 名無し 17/01/25(水)19:30:57 No.41203 del
>不思議の国のバード好きだったけど
>これ読んであまりのギャップに嫌いになった
ある意味シンクロ(憧れ→幻滅がバードのルーチン
無題 Name 名無し 17/01/25(水)19:34:07 No.41204 del
写真なしの文章だけならkindleの原語版が\0からあるね
http://amzn.asia/bEGTygQ

画像ファイル名:1483587097773.jpg-(51749 B)サムネ表示
51749 B無題 Name 名無し 17/01/05(木)12:31:37 No.40650 del 18年2月頃消えます[返信]
初詣どこか行った?
レス39件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/01/14(土)21:38:56 No.40903 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 17/01/14(土)21:39:49 No.40904 del
>15日に正しい初詣と左義長も一緒にする
そこまでこだわっててなんで旧暦でやらんの?
無題 Name 名無し 17/01/15(日)06:23:03 No.40911 del
    1484428983305.jpg-(91988 B) サムネ表示
91988 B
スレ画像は廃仏毀釈から免れるために神社に転換
無題 Name 名無し 17/01/20(金)04:32:38 No.41031 del
まさか三峯先生か
無題 Name 名無し 17/01/20(金)09:26:53 No.41036 del
三峰先生は本人が微妙に上手くなったのと
今の流行りの画風に時代が一回りして追いついてきたので
そんなに下手くそに見えなくなってきたんだよなぁ…
無題 Name 名無し 17/01/22(日)15:45:06 No.41113 del
>No.40866
この爺さんってやっぱり学が無いから「すべからく〜べき」の使い方解らないのかな?
無題 Name 名無し 17/01/22(日)18:11:57 No.41114 del
>すべからく〜べき
正しいとされる例文が重複表現なんだよなあ
する+べく+ある+く
するべき+あらん事として
するべき当然の事として
無題 Name 名無し 17/01/22(日)19:34:08 No.41115 del
すべからくは別にべしで結ばなくてもいいぞ
「みな当然のこととして努力している!」だから画像のは意味としてもあってるし
無題 Name 名無し 17/01/23(月)22:16:41 No.41137 del
七日堂裸詣り行った
無題 Name 名無し 17/01/23(月)22:27:12 No.41138 del
>する+べく+ある+く
する+べし+ありき
じゃね?

無題 Name 名無し 16/12/05(月)21:45:01 No.39851 del 18年1月頃消えます[返信]
>何とか世界中の言葉を一つに出来ないものでしょうか?
エスペラントというものがあってだな
レス13件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 16/12/19(月)20:35:13 No.40278 del
ラテン語は長い間、キリスト教会の公式言語だったから、
その発音じゃないか。
無題 Name 名無し 16/12/19(月)23:05:29 No.40279 del
>ラテン語は当時の実際の発音はわからないはず
>今、読んでる音はなんなんだろう?
ラテン語ギリシャ語は文法の教科書にひっついてた発音講座が残ってるから
古代語の中では比較的古い発音がわかる方だとか聞いたけど
無題 Name 名無し 16/12/20(火)00:04:50 No.40280 del
ザーメンホフ(;´Д`)ハァハァ
無題 Name 名無し 16/12/20(火)00:39:00 No.40281 del
    1482161940743.jpg-(28641 B) サムネ表示
28641 B
ヤハウェとかエホヴァとか言うけど、原音に近いのは
「ヤッホー」
だと聞いた
無題 Name 名無し 17/01/07(土)21:48:09 No.40697 del
ラテン語は現代イタリア語読みが一番雰囲気でる
無題 Name 名無し 17/01/08(日)12:08:36 No.40712 del
ポーランドの錬金術師に"Michał Sędziwój"という人がいて
ポーランド語だから"ę"はエンだろうかとか色々考えたけど
いまいちあってるか自信ねーなと思ってたらラテン語名の"Sendivogius"がヒントになって助かった
こういう局面ではラテン語名があるとわりとわかりやすくなってありがたい
無題 Name 名無し 17/01/17(火)20:47:03 No.40971 del
>「ヤッホー」
>だと聞いた
「えあふぉ」と発音したら
どっちにも聞こえるな
無題 Name 名無し 17/01/18(水)15:44:09 No.40985 del
    1484721849078.jpg-(234022 B) サムネ表示
234022 B
本文無し
無題 Name 名無し 17/01/18(水)16:19:03 No.40986 del
絵文字はある意味世界中に通じるよな
無題 Name 名無し 17/01/19(木)00:23:25 No.41004 del
日本の携帯電話発祥のEmojiは既にUnicodeに収録されて海外各国のオリジナル文字や肌の色を変える仕様まで付いてるんよな

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10][以下略]最後のページ

- GazouBBS + futaba-