モアイ@ふたば[ホーム]


[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)
  • 添付可能:GIF, JPG, PNG, WEBM. 2000KBまで. 250x250以上は縮小.
  • 現在2人くらいが見てます.カタログ 新順 古順 多順 少順 履歴
  • スレッドを立てた人がレスを削除してスレッド内に限ってアク禁にできます.
  • メール欄に「id表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をid表示にできます.
  • メール欄に「ip表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をip表示にできます.
  • 削除依頼が閾値を超えるとidを表示します.
  • 埴輪・土器石器・世界遺産・遺跡・古代文明
  • 管理人への連絡は準備板 ご意見へ. 削除依頼は記事番号の右のdelを押して下さい.
  • スマホ・携帯ふたば入口 この板の保存数は10000件です. 規約
  • 新しい板: 新板提案 避難所 そうだね sqlip 模型裏


画像ファイル名:1506034480489.jpg-(104990 B)サムネ表示
104990 B無題 Name 名無し 17/09/22(金)07:54:40 No.45424 del 11月16日頃消えます
ロシア帝国南進政策・極東編スレ

まず読んで頂きたいが
日本はなぜ明治維新から短期間で国力を高め、日清戦争に勝つことができたのか=中国
http://news.searchina.net/id/1644362?page=1

全体的に当て外れな事を書き連ねて、憤りがあったのでスレ立て。

日本がなぜ大陸に進出したのか?
それは江戸時代から続く、ロシア帝国の不凍港を求めた南下政策を阻むためで。
どっちかと言うと、清とは事を構えたくはなかったが。
だけど、清は朝廷も人民も他人事で、ロシアに領地は取られっ放しだったろうが。
削除された記事が10件あります.見る
無題 Name 名無し 17/09/23(土)14:53:02 No.45453 del
>だけど、清は朝廷も人民も他人事で、ロシアに領地は取られっ放しだったろうが。
朝鮮分捕ったのも清は放っておいて俺ら二人で頑張ろうぜって意図だったし
朝鮮が思った以上にヘタレだったのが計算違いだったが
無題 Name 名無し 17/09/23(土)22:25:16 No.45471 del
>日本がなぜ大陸に進出したのか?
>それは江戸時代から続く、ロシア帝国の不凍港を求めた南下政策を阻むためで。
>どっちかと言うと、清とは事を構えたくはなかったが。
当時の日本については、佐賀戦争や西南戦争の大元の征韓論があったからでしょ
でも長州派閥は乗り気じゃなかたけど
無題 Name 名無し 17/09/23(土)23:11:26 No.45473 del
ぶっちゃけ宮古島島民遭難事件と台湾出兵、琉球処分の時点で
遠からず戦争は避けられなかっただろう
朝鮮云々はおまけ
無題 Name 名無し 17/09/25(月)02:17:33 No.45504 del
幕末のころにロシア人が来てたことは忘れられる
無題 Name 名無し 17/10/03(火)08:14:04 No.45687 del
日露戦争=第二次クリミア戦争

ロシア 対 イギリス&ユダヤ
無題 Name 名無し 17/10/03(火)12:34:10 No.45689 del
日英同盟→日米同盟
アメリカがオワコン化してきたときに備えて
そろそろ次の相方も探したほうがいいかもな
無題 Name 名無し 17/10/03(火)14:00:05 No.45690 del
クリミア戦争・第一次大戦・第二次大戦
イギリスはフランスと同盟して没落していった
英仏で独を迎撃するよりも英独で仏を挟撃する方が
挟み撃ちなので勝利が容易だったはず
同じく英露でトルコを分割する方が容易だったはず
英独露は王家が親類だったけど仏は共和制だった
無題 Name 名無し 17/10/03(火)17:54:14 No.45694 del
イギリスの没落は植民地経済の終焉が主原因なんで
フランスと組もうが組むまいが結果は変わらんよ
無題 Name 名無し 17/10/04(水)20:07:18 No.45725 del
日本がなぜ大陸に進出したのか?
進出?
進出というのか?

天皇の故郷の満州奪還と
英国の思惑が一致しただけ

明治に財閥が誕生して、西洋風建築物がニョキニョキ建った
その原資は何か?
もちろん、絹や石炭の販売なんかではない
あるものを大量に欧米に売って天文学的額の金を得た
無題 Name 名無し 17/10/04(水)20:09:50 No.45726 del
申し訳ないが勝手に天皇をエベンキにするのはNG
無題 Name 名無し 17/10/07(土)08:33:18 No.45763 del
>あるものを大量に欧米に売って天文学的額の金を得た
レート騙された銀ですね
無題 Name 名無し 17/10/07(土)08:52:44 No.45764 del
北朝鮮と韓国まで天然ガスのパイプライン通したいらしいが
金儲けのほかに恫喝外交も入ってると思ったほうがいいよね
無題 Name 名無し 17/10/15(日)21:37:50 No.45885 del
サーチナとかまだあったのか
無題 Name 名無し 17/10/23(月)16:44:48 No.45984 del
天皇の故郷が満州って何がソース?
無題 Name 名無し 17/10/28(土)04:31:41 No.46044 del
>天皇の故郷が満州って何がソース?
日本神話に登場する登場人物や神様が胡服着てるからじゃね?
あれは中国北方/西方の騎馬民族の衣装だから
馬に乗れるようにズボン履いてる
無題 Name 名無し 17/10/28(土)10:52:54 No.46048 del
ズボンの縫製って難しいのかね
騎馬民族以外では意外に近代まで履かれないんだよね
野蛮なイメージで禁忌的な扱いだったのかな
無題 Name 名無し 17/11/08(水)23:31:09 No.46213 del
>日本神話に登場する登場人物や神様が胡服着てるからじゃね?
えーとどう突っ込めばいいのか…
無題 Name 名無し 17/11/10(金)08:46:53 No.46234 del
    1510271213703.jpg-(132985 B) サムネ表示
132985 B
南朝と北朝があって、明治からは南朝が表に出た
南朝というのは百済系だ
百済というのは高句麗から生まれた国だ
天皇が先日、高句麗神社に参拝に行ったではないか
そういうのスルーしちゃダメだ
2千以上もある白山神社は白頭山信仰だぞ
無題 Name 名無し 17/11/10(金)18:20:58 No.46237 del
だめだこりゃ
無題 Name 名無し 17/11/10(金)19:52:51 No.46239 del
まず突っ込みどころとして中国空っぽになってる
無題 Name 名無し 17/11/10(金)22:58:50 No.46241 del
真面目に聞いてみたが馬鹿らしい…
無題 Name 名無し 17/11/11(土)02:45:50 No.46246 del
騎馬民族征服説とかまだ言ってる奴いるのかよ
あれは手塚が火の鳥描いてた頃の時代に流行った話で今は眉唾だぞ
無題 Name 名無し 17/11/16(木)15:52:27 No.46339 del
>騎馬民族征服説とかまだ言ってる奴いるのかよ
モノクロで語るなら邪魔な説だが
予備知識としては持っていたほうが良い
無題 Name 名無し 17/12/16(土)18:14:36 No.47016 del
ここいらで一あげぇ〜
アレが入ってるね
アレ系が〜
無題 Name 名無し 17/12/16(土)18:46:34 No.47017 del
>予備知識としては持っていたほうが良い
嘘だったら要らなくね?
まあでも本当なら大陸に対して進出の大義名分ができるからそれはそれでよいとは思うけど
無題 Name 名無し 18/02/12(月)00:42:20 No.48735 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/12(月)02:06:40 No.48738 del
>嘘だったら要らなくね?
お前の
>騎馬民族征服説とかまだ言ってる奴いるのかよ
が正に予備知識から出たレスだろうが
無題 Name 名無し 18/02/12(月)02:13:03 No.48739 del
>騎馬民族以外では意外に近代まで履かれないんだよね
>野蛮なイメージで禁忌的な扱いだったのかな
素材の伸縮性もある
ニッカポッカのようにどこをダボつかせるかでかなり試行錯誤されてる
正座には不向きな衣類だしな
無題 Name 名無し 18/02/12(月)17:54:24 No.48761 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/12(月)21:21:52 No.48768 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/13(火)00:02:14 No.48774 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/13(火)09:50:21 No.48780 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/13(火)12:42:47 No.48783 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/13(火)20:53:59 No.48790 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/14(水)00:25:47 No.48792 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/14(水)17:04:32 No.48807 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/14(水)18:57:18 No.48808 del
>ズボンの縫製って難しいのかね
縄文人ですら長袖長ズボン着用が分かってるのに難しいわけがないのである
無題 Name 名無し 18/02/14(水)19:19:11 No.48809 del
    1518603551362.gif-(175205 B) サムネ表示
175205 B
明治の近代化の原資がなんだったのか知らないで語ってるだろおまいら
無題 Name 名無し 18/02/18(日)23:25:05 No.48925 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 18/02/19(月)03:57:52 No.48928 del
>縄文人ですら長袖長ズボン着用が分かってるのに難しいわけがないのである
騎馬民族でズボンが発達したのは「馬に乗っていれば下には脱げないから」であって、他の民族が着用しようとすると難しいよ
縄文人は「オシャレで着用していた説」があるくらい
無題 Name 名無し 18/02/19(月)07:47:51 No.48929 del
>縄文人は「オシャレで着用していた説」があるくらい
そういや縄文時代の土器はみたことあるけど服って出土してんの?
このスレで聞くのもどうかと思ってはいるんだけど
無題 Name 名無し 18/02/19(月)11:48:04 No.48932 del
日本にはモモヒキもあるし
古墳時代はズボンだね

縄文の衣装となると主に土偶からの類推
後、土器の文様を布を押し当てて描いたり
布の端切れが出土してるので布を生産してたのは確実
その折り方から簡易な織り機はあったと類推されてる
さらに旧石器時代の縫い針が発見されてる
オシャレ云々は装飾品が多く出土してるので確実
無題 Name 名無し 18/02/19(月)12:20:45 No.48933 del
ゴム・ベルト・ボタン・金具等を使わずに破けず脱げないズボン作ってみなよ
裁断鋏の無い時代だから複雑な形状も無理で長方形の布のみでね
想像以上に難しいから
トイレの時にすぐ脱げる事も忘れずにな
無題 Name 名無し 18/02/19(月)12:25:50 No.48935 del
またおまいらは明治の近代化の原資がなんだったのか知らないで語ってるのか

まさかカイコで絹を作って売ったとか言うなよ
無題 Name 名無し 18/02/19(月)12:43:07 No.48939 del
>明治の近代化の原資がなんだったのか
答えをひとつしか用意してなかったら笑ってやるから言ってみなよ
無題 Name 名無し 18/02/19(月)13:15:11 No.48941 del
    1519013711803.jpg-(19793 B) サムネ表示
19793 B
不平等条約で大判・小判を奪われた日本で
西洋の近代建築物がニョキニョキと建てられ
三井三菱の財閥が誕生した原資はなんだったのか

そのくらいのことを知らずに日本人やってんなよおまいら
無題 Name 名無し 18/02/19(月)13:40:38 No.48945 del
また変なのが涌いてんな
昔の日本人がズボン作れると何か不都合でもあんの?
無題 Name 名無し 18/02/19(月)14:16:19 No.48946 del
>ゴム・ベルト・ボタン・金具等を使わずに破けず脱げないズボン作ってみな
ずれないなんて革ひも一本ありゃ十分だろ何言ってんだこいつ
無題 Name 名無し 18/02/19(月)17:06:07 No.48948 del
古墳時代と縄文時代ってずいぶん時代はなれてるんですけお
縄文時代ズボン説は論拠が知りたいな
無題 Name 名無し 18/02/19(月)19:02:30 No.48956 del
>縄文時代ズボン説は論拠が知りたいな
骨などを加工した縫い針が見つかってる
遺体に布の痕跡が付着してる
漆を絞った布(現在主流の織布ではなく編布と呼ばれるもの)が漆のおかげて残ってたのが発見されてる
そもそも土偶が長袖長ズボンスタイルである
ぶっちゃけ日本みたいに冬寒い所に住んでて布も縫製能力もあるのに長袖長ズボン着ない理由が縄文人には無い
無題 Name 名無し 18/02/20(火)01:58:43 No.48968 del
大陸は布をあれこれ工夫する時間より武器をあれこれ工夫しする時間にあてたんじゃろ
無題 Name 名無し 18/02/20(火)03:37:38 No.48972 del
>ずれないなんて革ひも一本ありゃ十分だろ何言ってんだこいつ
日本だと直垂と言って馬乗り袴の延長のズボンな訳よ
これは行燈履麻、つまりスカートをを加工した形状で、裾の処理は結局バンテージ状にする事になる
って話をしてもチンプンカンプンなくらい無学なんだねって事
無題 Name 名無し 18/02/20(火)05:13:23 No.48973 del
ズボンって基本乗馬服で騎馬騎乗文化の証明なんだけど
胡服騎射って四文字熟語知ってる?
無題 Name 名無し 18/02/20(火)10:06:40 No.48974 del
布の話をきいてるんじゃなくてズボンの話をきいてるんですけお
論拠はつまり土偶からの類推しかないわけね
それで「ズボンの着用がわかってる」はちょっと厳しくないですかね
無題 Name 名無し 18/02/20(火)10:22:22 No.48975 del
土偶だけじゃ論拠が弱いってのは同意だけど
逆に無かった証拠も無い訳でグレーよね
無題 Name 名無し 18/02/20(火)16:41:33 No.48985 del
>ズボンって基本乗馬服で騎馬騎乗文化の証明なんだけど
乗馬に用いるための専門的な作業着と普段履きのズボンを混同してはいけない
そりゃ騎乗服なんぞ普段着にしたり馬に乗らない平民とかが着たりはしねぇよ
それはそれとして冬季の防寒用だったり狩りの時に地肌隠したりするための服はもちろんあったよ
無題 Name 名無し 18/02/20(火)18:06:38 No.48986 del
FUCK YOU! !KOREA! !   
無題 Name 名無し 18/02/20(火)18:13:13 No.48988 del
>それはそれとして冬季の防寒用だったり狩りの時に地肌隠したりするための服はもちろんあったよ
そんな物は無いし、有り得ない
有り得ない理由を知らない程の無知
無題 Name 名無し 18/02/20(火)20:08:53 No.48990 del
お前のそのレス「無知」以外の内容が無いな
マウントしたいだけじゃん
無題 Name 名無し 18/02/20(火)22:31:51 No.48994 del
エスキモーとかアイヌの
股引や長靴の格好っていつごろ出来上がったんだろね
無題 Name 名無し 18/02/20(火)23:03:04 No.48995 del
>マウントしたいだけじゃん
ロクに調べもしない、ヒント出しても根拠のない否定しかしないゴキブリを踏み潰す事をマウントとは言わない
無題 Name 名無し 18/02/21(水)07:02:42 No.48996 del
>そりゃ騎乗服なんぞ普段着にしたり馬に乗らない平民とかが着たりはしねぇよ
近世になるまでどの国もいわゆるズボンは一般的な衣類じゃないよ
製作工数が多いんで高価な代物になるから
金持ちの道楽か、職務上必要に駆られてかのどちらかしかない
自動織機による繊維製品の大量生産が始まるまで繊維製品は一般的にひどく高価な上、洗濯すると生地が痛むので極力洗わない(肌着や下履きは除く)物だったし
無題 Name 名無し 18/02/21(水)07:40:02 No.48997 del
日本人の雑種具合から考えて縄文時代に単一の文化が支配的だったって考えるのも変なんじゃないの?
そういう地域もあったぐらいでしょ
無題 Name 名無し 18/02/21(水)11:11:36 No.49000 del
縄文時代って地理的にも時間的にも範囲ひろすぎな区分だかんね
ちゃんと考察したいならいつのどこらへんのかを考えないとね
無題 Name 名無し 18/02/21(水)11:57:54 No.49004 del
論戦で負けると他でファビョり出すコリア  
無題 Name 名無し 18/02/21(水)12:50:36 No.49009 del
防寒具って、、、
革皮の縫い合わせる「針」をどうすんだよ
寒冷地帯で鉄鋼技術や銅の針でも発掘されたのか?
西洋人が持ち込むまでに存在してたらオーパーツだよ
無題 Name 名無し 18/02/21(水)12:58:37 No.49010 del
>そんな物は無いし、有り得ない
>有り得ない理由を知らない程の無知
だからあり得ない理由ってのを出せよ
論拠も無いんじゃ聞くに値しない
>近世になるまでどの国もいわゆるズボンは一般的な衣類じゃないよ
そりゃ量産できるようになったか否かで
古代に無かった事の決定的証拠じゃないでしょ
無題 Name 名無し 18/02/21(水)13:59:46 No.49011 del
ズボンはお前が思ってる以上に高度な技術が必要だって列挙されてんだろうが
あった証拠を出せるもんなら出して見ろや
どうせ数百年程度前の出してきて「時間的な範囲ひろすぎ」とか逃げるんだろうし、お前の話こそ誰もあてにしてねえよ
無題 Name 名無し 18/02/21(水)14:43:05 No.49017 del
>西洋人が持ち込むまでに存在してたらオーパーツだよ
なんだその暴論w 縫うのが目的なんだから
金属製の針でなくてもいいじゃん
日本だと旧石器後期〜縄文初期の
骨の縫い針が出土してるし
金属製だったら弥生時代の青銅の針がある
無題 Name 名無し 18/02/21(水)14:52:30 No.49018 del
何ヒートアップしてんの?
ズボンの縫製は難しいから未開で原始的な
馬鹿な日本人には作れませんでした御免なさい
とでも言ったら満足なの?
無題 Name 名無し 18/02/21(水)15:29:14 No.49022 del
あちこち話を飛ばすからアスペが混乱してるだけ
布製なら針はそこまで重要じゃない
防寒具とか寒冷地帯なら話は別で、植物繊維が乏しいから革製になる
革の縫製が容易じゃない事も想像できないなら議論にならんだろ
無題 Name 名無し 18/02/21(水)15:43:53 No.49023 del
>ズボンの縫製は難しいから未開で原始的な
>馬鹿な日本人には作れませんでした御免なさい
>とでも言ったら満足なの?
そうやって大雑把過ぎる話しかできない無知蒙昧を改めろって言ってるんだよ
無題 Name 名無し 18/02/21(水)16:52:21 No.49024 del
革製品の歴史は近代のクロム鞣以前は印伝といってインド伝来の牛や鮫の革、それ以前で顕著な鹿の革は鞴の部品として高麗から伝わったとされていて熟皮高麗、狛部で知られる
無題 Name 名無し 18/02/21(水)17:56:12 No.49026 del
    1519203372367.jpg-(31994 B) サムネ表示
31994 B
>西洋人が持ち込むまでに存在してたらオーパーツだよ
ほれ
つ【青森県山内丸山遺跡出土の骨製針】
約5500年前〜4000年前の縄文前期から中期の遺跡
英国のストーンヘンジ、クフ王のピラミッドやモヘンジョダロなどとほぼ同時代
長野県の縄文遺跡からは鹿角製の針が出土してる。
無題 Name 名無し 18/02/21(水)18:16:03 No.49027 del
>ほれ
>>革皮の縫い合わせる「針」をどうすんだよ
って聞いてんのにどう見ても布用の縫い針を出してきてドヤ顔してっからカス扱いされんだよ
エスキモーだとかあちこち話飛ばすんじゃねえこのアスペルガー
無題 Name 名無し 18/02/21(水)19:12:30 No.49028 del
自説に合わないからって一々荒ぶるなよめんどくさい
無題 Name 名無し 18/02/21(水)19:17:42 No.49029 del
両者積極的に拳を合わせません みててイライラする
論戦だ もっと歩みよれ!

FUCK YOU! !KOREA! !  
無題 Name 名無し 18/02/21(水)20:58:42 No.49034 del
あの…骨角製の針の太さ、解ってる?
まさかとは思うけど現在の針に等しい細さだとか?
あと原始的な狩猟採集民が衣服の材料を採るなら何が利用しやすいか、わかんない〜?ん?
無題 Name 名無し 18/02/21(水)22:47:55 No.49036 del
そこで具体的な径を示さないから
反論されるって分からないのかわかんない〜?ん??
ププッ
無題 Name 名無し 18/02/21(水)23:14:57 No.49037 del
    1519222497418.jpg-(41832 B) サムネ表示
41832 B
5500年前には皮を革ひもで縫った靴があったというのに
たかが皮を縫う程度でそこまで高難易度扱いするのか
無題 Name 名無し 18/02/21(水)23:28:26 No.49038 del
    1519223306067.jpg-(406840 B) サムネ表示
406840 B
ボロボロに崩壊してて詳しい構造はわかってないがアイスマンも
動物の皮で作ったパンツ履いてたとされてるな
無題 Name 名無し 18/02/22(木)00:37:41 No.49040 del
>そうやって大雑把過ぎる話しかできない無知蒙昧を改めろって言ってるんだよ
お前が信じる説に従わせ対だけだろ?
それは科学じゃない
無題 Name 名無し 18/02/22(木)01:20:02 No.49045 del
>ロクに調べもしない、ヒント出しても根拠のない否定しかしないゴキブリを踏み潰す事をマウントとは言わない
>ヒント
なんだクイズパスか
無題 Name 名無し 18/02/22(木)01:24:01 No.49046 del
>そこで具体的な径を示さないから
クイズらしいぞ
無題 Name 名無し 18/02/22(木)07:55:53 No.49047 del
クイズってのは出題側にまず明確な答えがあるもので…あっ(察し)
無題 Name 名無し 18/02/22(木)10:54:30 No.49048 del
    1519264470825.jpg-(59873 B) サムネ表示
59873 B
珍しく自分で調べだしたと思ってたら結局、現物も出さずに吠えてたのか…
せめて3000年前の布製の股割れズボンとかさ…
無題 Name 名無し 18/02/22(木)10:58:54 No.49049 del
    1519264734410.jpg-(2014169 B) サムネ表示
2014169 B
2500年前のチャップスとか辿り着けるだろうに…
本当にどうしようもない無能なんだな
無題 Name 名無し 18/02/23(金)02:00:32 No.49060 del
    1519318832237.jpg-(6146 B) サムネ表示
6146 B
俺もアイスマンがズボンをはいていたなと思ったんだが
太もも部分までしかないので
ズボンってよりはロングブーツに近い物なのかもしれない
無題 Name 名無し 18/02/23(金)23:07:21 No.49076 del
    1519394841431.jpg-(112516 B) サムネ表示
112516 B
中世の西洋人が試行錯誤するまで股間まる出しだったのだもの
東洋の「正座」は股割れの股間を隠すための座法だし、
尻と股間まる出しだったから西洋人に「野蛮」とされた訳だしね
革ズボンがオーパーツだと言った「明確な答え」として不足かな?
無題 Name 名無し 18/02/24(土)00:04:13 No.49079 del
中世ヨーロッパって便器が退化して道端にぶちまけてた時代でしょ
無題 Name 名無し 18/02/24(土)00:14:07 No.49080 del
    1519398847448.jpg-(310145 B) サムネ表示
310145 B
紀元前5〜3世紀の墓からすでに股間に蓋をしたズボンが出土しているというのに西洋人は中世まで股間丸出しだったのか
遅れてるな
無題 Name 名無し 18/02/24(土)00:34:08 No.49081 del
ズボンとかは外で働かなきゃいけない貧乏人の着る服って感じなんじゃないの?
出歩いたり働いたりしなくていいなら裾の長い、締め付けない服のほうが楽だし
無題 Name 名無し 18/02/24(土)00:52:59 No.49082 del
靴と一緒で実用と装飾の両方で分化してる
無題 Name 名無し 18/02/24(土)02:27:31 No.49084 del
で、論点はなんなのよ
とうとうズボンはあっても股は縫ってないから革ズボンはオーパーツって…
迷走ってか自縄自縛してるぞ
無題 Name 名無し 18/02/26(月)06:42:54 No.49111 del
気づいちゃったんだけどこのスレにおいて
ズボンが革製である重要性って何もないよね?
騎馬民族征服説を推してる奴が火病っただけでさ

革製のズボンならアメリカインディアンが作ってたけど
あの人たちの居た米大陸って元々馬居ないし

日本じゃ弥生から養蚕始まってるし
革より加工しやすい布を使っても無理は無いし
江戸期は肉食の禁忌化で革の供給量は減るし
革云々こだわる必要なんて全くない
振り回されちまった自分の無知蒙昧を反省するばかりだわ
無題 Name 名無し 18/02/26(月)11:56:25 No.49115 del
>革より加工しやすい布を使っても無理は無いし
あー衣装の材料製作(皮→革)って点ではどっこいどっこいか麻や絹の方が手間かかるくらいだ
皮は鞣して防腐処理する必要があるから

まぁ別に衣装に何を使うかはその地域で入手しやすいものだし
あとは用途によるものだな
防具や衣類の補強(パッチやカバー)に革製品が好んで使われるのはどこでも同じ
カウボーイとか乗馬時にズボンの股や脛が擦り切れるのを防ぐのにカバーつけるけどあれ革製品だしな
無題 Name 名無し 18/02/26(月)13:48:19 No.49121 del
日本じゃ牛革ってまだまだ高級品だけどアメリカじゃ1頭分の牛革3枚5ドルで道端で売ってたりする
流石牛肉が主食な国だけあるわ日本が万トン単位で廃棄してる米糠みたいな扱いだぜ
無題 Name 名無し 18/02/26(月)20:23:29 No.49125 del
ロシアのスレじゃなかったの?
無題 Name 名無し 18/02/26(月)23:12:41 No.49126 del
昨年だったかな?ロシア革命100年を扱う記事をたくさん読んだけど、
ロシア革命を賞賛する立場って政治的思想的にはどんな立場?
無題 Name 名無し 18/02/27(火)01:34:27 No.49129 del
確かに、革命前→苦 革命後→楽園 みたいな、勝てば官軍、どんどん良くなる法華の太鼓的な論評が多数出てくるもんだけど、世の中にゃ革命なんかしちゃったから…って例も有るんじゃろうしのう〜
無題 Name 名無し 18/02/27(火)03:20:54 No.49130 del
    1519669254611.jpg-(17516 B) サムネ表示
17516 B
>世の中にゃ革命なんかしちゃったから…って例も有るんじゃろうしのう〜
エジプトとか酷いよね〜
無題 Name 名無し 18/02/27(火)13:37:41 No.49131 del
>昨年だったかな?ロシア革命100年を扱う記事をたくさん読んだけど、
ロシア革命を賞賛する立場って政治的思想的にはどんな立場?
ロシアが世界第2の大国だったのってソビエト時代くらいだし
「強きロシア」が生まれるきっかけになった出来事として好意的に見る人は
ロシア人だと政治思想を問わずわりといる
無題 Name 名無し 18/02/27(火)13:50:41 No.49132 del
社会主義なんてのは三流SFのガジェット程度の物で
人は怠け者って部分を華麗に無視した欠陥制度
だが革命家にしたら資本主義を否定できて
人々を惹きつけられりゃ何でも良かったんだと思う
社会主義の旗印の元に達成された革命は数々あるけど
ほとんどが国家運営に失敗して凋落しているのが
制度の欠陥の証左じゃないだろうか?

でもその事実を認められないのが社会主義者。
失敗に目を伏せて今だにマルクスを神の様に崇め
明日の革命を夢見てる…。
まぁ、欠陥制度に人生かけちゃったのが
恥ずかしいってのもあるかもしれないけど…
無題 Name 名無し 18/02/27(火)15:20:41 No.49134 del
そういや今度マルクスの伝記映画が出来たね
無題 Name 名無し 18/02/27(火)15:56:14 No.49135 del
本当にマルクスを理解してなかったから失敗したって
言われてるよ。
無題 Name 名無し 18/02/27(火)20:17:14 No.49137 del
>人は怠け者って部分を華麗に無視した欠陥制度
身体壊すまで働くやつは海外にもそれなりにいるけどありゃどうなんだ
無題 Name 名無し 18/02/27(火)21:03:01 No.49140 del
潰して潰しても共産主義を称賛する馬鹿が発生する
ヒットラーおじさんは正しかったのだ
無題 Name 名無し 18/02/27(火)22:41:51 No.49144 del
    1519738911719.jpg-(93038 B) サムネ表示
93038 B
「共産主義」に騙されてるよ
そんなものは存在しない
日本がロシアに派兵して政府を転覆させ金塊を盗み出した
それでロシアはユダヤに支配されてソ連になった
ユダヤに支配された状態を「共産国家」と呼ばせているだけ

そして中国を中国共産党に支配させたのも日本軍だ
日本は中国に100万の兵を送り込み
中国共産党の敵対勢力を潰していたのは皆知っているだろうに
なんで知らんぷりするんだろな

結局日本は中露の近代化を阻止する仕掛けを行った
仕掛けを行ったのは内緒なので共産主義などと言っている
中国はどう見ても教科書で言われるような共産主義ではないのにな
無題 Name 名無し 18/02/27(火)22:50:00 No.49145 del
中国は昔から何主義を名乗ろうが実体は中華王朝なのでいつものことである
無題 Name 名無し 18/02/28(水)11:21:57 No.49149 del
社会主義と共産主義をいっしょくたにするのはだめ
無題 Name 名無し 18/02/28(水)20:21:49 No.49162 del
なんだろう〜〜小人プロレスを観ているより陰惨な気分になってきた
全部知恵遅れの自演なんだろうか?
無題 Name 名無し 18/03/01(木)03:44:29 No.49165 del
おれガチ党員だけど、共産主義がいいと思ってもらわなくてもしかたないが、資本主義も相当駄目なものだと思う。
南米、アフリカ等の第三世界の白色テロなんて相当ひどいものになっている。

もちろん、独裁国家=資本主義とは言いきれないが、それは共産国についても同じ。
反共の反資本主義の人たちは民主社会主義とかキリスト教社会主義とかで理想を実現しようとしてますね。
無題 Name 名無し 18/03/01(木)05:12:34 No.49166 del
バリバリに養蚕やってた
フランス・イタリアの蚕が病気にやられて
中国も列強に蹂躙されて養蚕所じゃなく
そのポッカリ空いた需要の穴に日本が滑り込んで
進出の国費を稼いだってのが定説だな
どの地域の郷土資料館や古民家でも
養蚕に関する展示物があるね
家の天井中に芋虫這ってるってなんか妙な気分よね
無題 Name 名無し 18/03/01(木)12:45:56 No.49168 del
>家の天井中に芋虫這ってるってなんか妙な気分よね
蚕様にそんな遠くまで這っていく根性も体力もねぇよ
伊達に「人類が滅びると生きて行けず絶滅する唯一の家畜」って呼ばれてるわけじゃねぇぞ
無題 Name 名無し 18/03/01(木)17:15:33 No.49172 del
>無題 Name 名無し 18/03/01(木)03:44:29 No.49165 del
>おれガチ党員だけど、共産主義がいいと思ってもらわなくてもしかたないが、資本主義も相当駄目なものだと思う。

さすが共産党員働かないNEET丑三つ時になにやってるんだニート笑
無題 Name 名無し 18/03/01(木)18:32:03 No.49174 del
共産主義の定義自体は「今の資本主義が進化したらきっとこんな平等で幸せな主義に違いない」という実現の道筋も方法も無視して理想を語った物だから
実現すれば資本主義より良いものなのは確実なんだぜ
『人類である限り絶対に不可能』という現実が立ち塞がってはいるけどな
無題 Name 名無し 18/03/03(土)16:43:49 No.49214 del
FUCK YOU! !KOREA! !
無題 Name 名無し 18/04/09(月)00:25:35 No.50260 del
彼はJBと呼ばれていた、もちろん偽名であるが彼の周囲の人びとはそれに気づいていない、1945年のこの時期彼は英国海軍中佐の肩書きを持っていた、彼の本当の名前や経歴を知っているのは海軍と情報部のごく一部の人間だけで職場での彼はB中佐という役割を完璧に演じきっていたといっていい、ちなみに彼の職場は英国秘密情報部として知られるMI6である、とはいえオフィスにはもう何年も戻っていないのであるが…彼は1943年に某中立国の貿易商という肩書きでイスタンブールに赴き現地の情報収集と各種の工作活動に従事していた、東地中海一帯が担当範囲といえるかもしれない、ユーゴスラビアに潜入して対独パルチザンの現状を調査したこともある、西側連合国による支持が確定したあとの支援物資もかなりの数が彼の手を通してチトー率いる対独パルチザンに引き渡されていた、1945年1月、ユーゴスラビアでの戦闘はまだまだこれからが正念場というべきだったが戦争そのものは最終段階に入っていると彼は考えていた、イタリアの降伏によって地中海は西側連合国軍の海となり北海は英国海軍が押さえている、ドイツが窒息してしまうのも時間の問題であろう…という妄想
無題 Name 名無し 18/04/14(土)17:46:34 No.50364 del
ジェームズと呼んでくださってもかまいせんよ、とJBは言った、彼の目の前にはさっき知り合ったばかりの女がシャンパングラスを持って彼の話を聞いている、アンカラにあるドイツ大使館で開かれているパーティーである、大使夫人の誕生日という名目ではあったが戦争に負けはじめているドイツにとって精一杯の力の誇示とも言えた、招待客の大部分はトルコの有力者や友好国の外交関係者だったが多少の民間人も紛れ込んでいる、JBの表向きの顔である貿易商はドイツ人の覚えがよかったようで「協力的な民間人」としてこの招待にあずかったのである、もしかして英国のご出身ですの?と女が聞いてきた、彼は苦笑しながらそれを否定する、母親は英国人ですが私は違います、仕事であちこち飛び回っていると国籍なぞ気にしている暇もない…彼は自分が某中立国で生まれ育ち現在もそこに住居兼オフィスがあることを女に説明する、話をしながら彼はこの女の素性が気になりはじめていた、流暢なドイツ語を使っているが生粋のドイツ人には見えない、直感的にはロシア人ではないかとも思えるのであるが確信はない、やがて女の連れらしき男が近寄ってきて彼女に何かを耳打ちした…という妄想
無題 Name 名無し 18/04/15(日)17:53:32 No.50398 del
1941年4月に始まった周辺各国による侵攻によってユーゴスラビア王国は完全に解体されてしまった、主導したのはナチスドイツだったが実際は周辺国による共同謀議だったといっていい、王国政府はロンドンに亡命し侵略者に対する抵抗を呼び掛けることになるのだが戦況の推移とともに力を持ってきたのはチトー率いるパルチザンだったのである、王国派で構成される抵抗組織も存在したが民衆の支持を得るまでにはなっていない、ソ連寄りの抵抗組織に西側連合国が不信感を持つのはある意味当然のことと言えた、パルチザンが西側連合国の本格的な支援を受けられるようになるまでかなりの日数が必要だったのである、戦争が大詰めを迎えようとしていた1945年パルチザンはユーゴスラビア最大の武装勢力として確固とした存在になりつつあった、彼らはドイツ軍を追い出したあとに何を始めるのか?王国派とはどう折り合いをつけるのか?我々は敵性勢力に餌をやっていたのではないか?西側連合国はナチスなきあとの欧州で共産主義との対決を予感していたのである…という妄想
無題 Name 名無し 18/04/16(月)11:11:18 No.50421 del
チトーは恩知らずじゃないし空想家という訳でもないよ、とJBは言った、戦後のことも腹案の一つや二つはすでに持っているだろう、彼と話し合っているのは米国人の同業者仲間である、こっちとしてはアドリア海に共産主義国が誕生するのは歓迎できないよ、商売に差し支えるからな、とその米国人は言った、JB自身はチトーに会ったことはないがユーゴスラビア国内から彼にもたらされる情報はとりあえずのところ西側連合国を安心させる内容であったと言っていい、パルチザンは東欧諸国を「解放」しながら接近しつつあるソ連軍をあてにはしていない、自らの手で祖国を取り戻そうとしている姿勢が明確だとJBは考えていた、それよりお前アンカラのパーティーに行ってたようだな、米国人が茶化すようにJBに言った、そこでロシア女に会ったろ?JBは露骨に険しい表情を作って米国人を見据えた、有名人なのか?というJBの問いに米国人は苦笑する、噂じゃロシアから逃げてきた亡命貴族のお姫さまってことだが大事なのは彼女が会社を幾つも持ってる大金持ちだってことだよ、懇意にしてれば儲け話の一つや二つは転がり込んでくるぜ…という妄想
無題 Name 名無し 18/05/29(火)01:32:27 No.51519 del
つまり共産主義者の言いたいコトは質より量!
あたまの悪い労働者が集まったら理想国家ができるww
無題 Name 名無し 18/06/10(日)00:31:46 No.51826 del
住人皆が質を問わない問われない環境といえば住人的には理想の社会といえる

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-