モアイ@ふたば
[ホーム]

[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)


画像ファイル名:1565092476742.gif-(30647 B)サムネ表示
30647 B無題 Name 名無し 19/08/06(火)20:54:36 No.61253 del + 20年11月頃消えます
レイキの歴史
無題 Name 名無し 19/08/06(火)21:01:58 No.61254 del +
γ線バーストで即死する程度の生命が
宇宙のはじまりのエネルギーなんか受けて
本当に大丈夫かという感想しかないのでウケる
無題 Name 名無し 19/08/07(水)07:57:44 No.61256 del +
× 宇宙のはじまりのエネルギー
〇 宇宙にある全てのものが生まれる時の、一番最初のエネルギー
無題 Name 名無し 19/08/07(水)08:17:56 No.61257 del +
    1565133476745.png-(66849 B) サムネ表示
66849 B
レイキは、臼井甕男が始めた臼井霊気療法(臼井靈氣療法、霊気)に始まり、これが海外で独自に発展・簡略化したもの[5]。霊気は臼井の弟子の林忠次郎から日系アメリカ人ハワヨ・タカタに伝えられ、レイキとしてアメリカで行われ、タカタとその弟子によって世界中に普及した。

レイキは身体に備わっている自然治癒力への東洋の信仰に基づくともいわれ[2]、西洋自然魔術の伝統に連なるとも考えられる。施術者は、患者の治癒反応を促進することを目的とし、患者に軽く手を当てる、もしくは患者の真上に手をかざして、手のひらから「レイキ」というエネルギーを流すと考えている[2]。ニューエイジの考え方の一つとして、西洋では広く人気となった[6]。レイキが存在するかということではなく症状や健康状態が改善されたかという点に着目して、多くはないが科学的研究が行われている[2]。ジョンス・ホプキンズ病院やメイヨー・クリニックなどアメリカの最高位クラスの医療施設で「レイキ」が正式な治療プログラムとして次々導入され続けており、今では、全世界で 800の病院と医療施設がレイキを正式に採用している。
無題 Name 名無し 19/08/07(水)08:20:45 No.61258 del +
レイキ・霊気の系統
臼井以後の系統は、大別すると以下のとおりである[7]。

西洋レイキ(海外レイキ):林忠次郎-ハワヨ・タカタの系統。欧米で広く普及し、1980年代以降は日本にも、逆輸入の形で普及している。海外レイキは、さらに以下の2つの系統に大別される[7]。
レイキ・アライアンス[1]:ハワヨ・タカタの孫のフィリス・フルモトの系統(インド人バグワン・シュリ・ラジニーシ(オショウ)の弟子[27]あるいは1993年よりドイツ人のフランク・アジャバ・ペッター[26]を経て日本に再輸入された)
ラディアンス・テクニーク[2]:ハワヨ・タカタの弟子のバーバラ・レイの系統(1984年、三井三重子を経て日本に再輸入された[26])
臼井靈氣療法学会:臼井自身が設立し、牛田従三郎-武富咸一へと伝わる。戦後は一般非公開となり長く存在が確認されなかった[18]。
たなすえ(手末)の道:江口俊博-宮崎五郎の系統。その治療は「手のひら療治」と呼ばれ、霊気を名乗っていない。社会的な影響が大きかった[7]。
無題 Name 名無し 19/08/07(水)08:21:16 No.61259 del +
海外レイキでは、林の後継者はタカタのみであり、霊気は激しい迫害にさらされたことで、日本国内における伝承は途絶えた、という話が長い間信じられていたため、「臼井-林-タカタ」の系統を「本流」「正統」と見なし、「唯一の」系統と考える傾向もある[7]。ただし、バーバラ・レイはこの立場を採らず、林の後継者は複数であったとしており、タカタについても、一部否定的な見解を述べている[7]。タカタの系統は、アメリカ国内外での普及のために、施術や伝授の方法は簡略化して独自に発展したため、臼井霊気療法学会などとは大きく異なる部分もある。

また、アメリカでは、臼井が1922年に開いた臼井靈氣療法学会(臼井-牛田従三郎-武富咸一の系統)は途絶えたと考えられてきたが、現代レイキの土居裕などの研究により、現在も存続していることが分かった[18][7]。これらの研究により、西洋レイキで伝えられてきた伝承に誤りがあることや、方法や目的、理念の相違などが判明し、土居の『癒しの現代レイキ法』に詳しくまとめられている[18]。ただし、臼井靈氣療法学会は、伝統的な型を維持するため、外部との交流は非常に少ない[7]。
無題 Name 名無し 19/08/07(水)08:49:16 No.61260 del +
なんかそういうデータとかあるんですかというか
あなたの感想ですよねというか
無題 Name 名無し 19/08/07(水)12:56:29 No.61262 del +
1. ハートフォード病院で行われたレイキの効果に関する調査研究で以下のことがわかった

・患者の 86%が睡眠改善を報告した

・78%の患者が痛みの軽減を報告した

・80%の患者が悪心の減少を報告した

・妊娠中の女性の 94%が妊娠中の不安の軽減を報告した

2. 現在、800以上の病院と医療施設がレイキを患者への医療提供として、組み入れている

5. レイキは 1990年代半ばには早くも手術室で使用されていた
無題 Name 名無し 19/08/07(水)12:56:41 No.61263 del +
7. ニューヨークのコロンビア長老医療センターでは以下の発表があった

心術手術と心臓移植の間、手術室でレイキなどのエネルギー技術が使われた結果、レイキを受けた 11人の心臓病患者のうち、通常起きる術後のうつ症状を経験した人は一人もいなかった。

心臓バイパス患者たちは、術後の疼痛も下肢脱力もなかった。
心臓移植患者たちは、臓器拒絶反応を経験しなかった。

9. プロのスポーツチームは、選手が手術や怪我からより早く回復するのを手助けし、パフォーマンスを向上させるためにレイキの施術家を採用している
無題 Name 名無し 19/08/07(水)13:05:11 No.61264 del +
    1565150711689.jpg-(54630 B) サムネ表示
54630 B
しかし、レイキは「伝授」といって能力を相手にも与えるというシステムがある
この特性により非常に詐欺を生み出しやすい構造になってしまっている・・・
高額の料金を請求する「伝授」である・・・

本物と言えるのは
臼井甕男本人と、高額の料金を取ってないレイキ
あとは治療効果だけに着目した「西洋レイキ」だけかもしれないな・・・
無題 Name 名無し 19/08/07(水)13:08:42 No.61265 del +
    1565150922312.jpg-(55045 B) サムネ表示
55045 B
臼井甕男

職業は、公務員、会社員、実業家、新聞記者、政治家後藤新平の秘書などさまざまに経験する。

その体験から「人生の目的とは何か」という大命題の探求から、禅の道に入り、真の悟りともいえる安心立命の境地を目指し修行するも、どうしても悟りを得られず、悩みぬいた末に禅の師に相談したところ、

「それなら一度死んでごらん」

と答えられ、「自分の人生も、もはやこれまで」という覚悟を決め、1922年春に京都の鞍馬山にこもって断食を始める。修行のための断食と言うよりは、死を覚悟してのものだったらしい。

断食に入り3週間目の真夜中ごろ、脳の中心部あたりに落雷をうけたような激烈な衝撃を感じ、そのまま意識不明の状態に陥る。 数時間後、ふと気がつくと夜が明け始めた頃で、心身爽快な気分に満ちて目覚め、その衝撃のときに感じたエネルギーが心身を貫き、体内との共鳴、一体感を達成し、求めていた悟りの境地を完成したことを知る。
無題 Name 名無し 19/08/07(水)13:08:50 No.61266 del +
悟りが得られたことに喜び勇んで山を降りる途中、石につまづき足の指の爪がはがれ、思わず手を当てたところ痛みが去り、血が止まり即座に治癒してしまったという。

山のふもとまで降りてくると、小さな食堂があり、主人が止めるのも聞かず腹いっぱい食べた。主人の孫娘が顔が腫れるほどのひどい虫歯で、頬に手を当てるとたちどころに痛みが引いた。

さらに、家族にも試したところ即効的な効果があり、「広く世の中の人にこの力の恩恵を与えたい」との思いから、工夫研究の結果、この能力を他人に伝授し、心身改善に活用する方法を見出す。これが臼井霊気療法という手当て療法の始まりとされる。

1922年4月に指導法などを定めた上で臼井霊気療法学会を設立する。
無題 Name 名無し 19/08/07(水)18:23:01 No.61267 del +
    1565169781797.jpg-(283097 B) サムネ表示
283097 B
本文無し
無題 Name 名無し 19/08/07(水)20:52:17 No.61268 del +
>悟りが得られたことに喜び勇んで山を降りる途中、石につまづき足の指の爪がはがれ、思わず手を当てたところ痛みが去り、血が止まり即座に治癒してしまったという。

>山のふもとまで降りてくると、小さな食堂があり、主人が止めるのも聞かず腹いっぱい食べた。主人の孫娘が顔が腫れるほどのひどい虫歯で、頬に手を当てるとたちどころに痛みが引いた。

>さらに、家族にも試したところ即効的な効果があり、「広く世の中の人にこの力の恩恵を与えたい」との思いから、工夫研究の結果、この能力を他人に伝授し、心身改善に活用する方法を見出す。これが臼井霊気療法という手当て療法の始まりとされる。
このレベルの強力なヒーリング出来る者だけが本物の能力者だよな
無題 Name 名無し 19/08/07(水)21:24:15 No.61269 del +
今のレイキは睡眠改善とか痛みの軽減とかくらいで
始祖の臼井甕男レベルのヒーリングを使えるやつは居ないんだな
無題 Name 名無し 19/08/07(水)22:18:08 No.61270 del +
霊気(例のてかざしヒーリングの宗教)の胡散臭さだが
飼ってた犬が病気になったとき、撫でてやっているだけで
死にかけていたのが持ち直したことあったから、一概に否定は
そう言えば子供の頃、腹壊したりすると母親が撫でてくれるだけで
治ったよなと
無題 Name 名無し 19/08/08(木)00:29:24 No.61273 del +
>一概に否定は
そりゃアメリカでは医療で認められているからな
無題 Name 名無し 19/08/09(金)19:37:51 No.61282 del +
幸せは万病に効く薬みたいなもの
深い愛情を感じて抵抗力だの治癒力だのにブーストがかかっても不思議ではない
無題 Name 名無し 19/08/10(土)02:42:48 No.61286 del +
近年は所謂「疑似科学」に対して科学者側が本気で怒りを表明して潰しにかかってるからな。そのあたり、歩み寄りとかバランスとかは望めないだろう。どうしたもんかね。
無題 Name 名無し 19/08/10(土)19:07:19 No.61289 del +
それこそ文字通りのプラセボ効果
無題 Name 名無し 19/08/10(土)22:54:45 No.61292 del +
>宇宙のはじまりのエネルギー
宇宙マイクロ波背景放射の事か?
無題 Name 名無し 19/08/10(土)22:56:27 No.61293 del +
>悟りが得られたことに
喜怒哀楽を表現してて悟りとか
小五ロリと勘違いしたんじゃないのか
無題 Name 名無し 19/08/12(月)11:20:53 No.61324 del +
>近年は所謂「疑似科学」に対して科学者側が本気で怒りを表明して潰しにかかってるからな。そのあたり、歩み寄りとかバランスとかは望めないだろう。どうしたもんかね。
比較的大きな効き目を比較的明確な条件下で大人数にもたらせないいいかげんなものをばらまく人に対して
効き目のあるものを洗い出すためにときどき徹夜したりして死ぬほど努力している科学者側が
何で笑って通すと思っているのかわからんというか逆の立場ならふつうキレて当たり前だろうよ
治りたい人に「条件は不明瞭で効かない可能性があるが効いたら効くからどうぞ」という話をしてすがりつく人もいるかもしれないが
ほとんどの人はこれを言われた時点で当然「そんな曖昧な効くか効かないかわかんねー話なのかよナメてんのかオメー」にしかならねーんだよ分かれ
無題 Name 名無し 19/08/18(日)21:21:44 No.61361 del +
>ほとんどの人はこれを言われた時点で当然「そんな曖昧な効くか効かないかわかんねー話なのかよナメてんのかオメー」にしかならねーんだよ分かれ

精神科医が他の科の医師に"自分たちとは別の何か"と思われている理由の一端だな
精神科で使われている様々な薬の機序は説明されてはいるが、効き方(副作用も含む)が、その機序では説明つかない効き方しているってのは、使っている医師も感じている事だったり(一番の例は副作用は飲んですぐ発生するのに、正味の効果が出るまで1週〜1か月かかるとか)
そも、患者ごと(もしくは処方する医師)で薬の効き方(副作用)が大きく異なるって点でもうね。使用する時期やその前に使っていた薬によっても以前の利き方と違ってくる。同じ症状でも人によって使う薬や量が全然違うって普通だったりするしな
半分オカルトですわ。科学でもあるんだけども形のない精神や心が相手だからなー
無題 Name 名無し 19/08/18(日)22:03:16 No.61362 del +
>そも、患者ごと(もしくは処方する医師)で薬の効き方(副作用)が大きく異なるって点でもうね。使用する時期やその前に使っていた薬によっても以前の利き方と違ってくる。同じ症状でも人によって使う薬や量が全然違うって普通だったりするしな
>半分オカルトですわ。科学でもあるんだけども形のない精神や心が相手だからなー
それは要は薬はin vitro(試験管)とin vivo(生体)で違うってやつの範疇内の話だし
in vivoでは条件がべらぼうに複雑になるから当たり前だし
精神関係はもっと複雑になるからますますそうなるわな
そもそも現象面の話なんだから理論からの例外は付き物だ
だがそれでも「使い物になるか」の薬効薬理試験をクリアできるものと
そうでないものはまあ到底同列には並ばんのよね
無題 Name 名無し 19/08/19(月)21:55:42 No.61363 del +
痛みのあるなしもそうだが効いているかは当人しかわからないからねえ。
逆に行動が明らかに変わったけど当人にその自覚がないとか「効いているか」の判断は結構難しい。
そういや例の煽り運転の人も「急に人格が変わった」みたいな話をしている人がいたなあ。
無題 Name 名無し 19/08/20(火)07:12:39 No.61364 del +
>痛みのあるなしもそうだが効いているかは当人しかわからないからねえ。
>逆に行動が明らかに変わったけど当人にその自覚がないとか「効いているか」の判断は結構難しい。
部分的な合致でいいなら
ふつうに訊いてふつうに答えさせれば?
もちろん行動もふつうに評価基準だが

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-