週3日稼働案件の職種別月収ラ
無題 名無し 04/17 10349

週3日稼働案件の職種別月収ランキングNo.1は「データサイエンティスト」
で月72万円。上位7職種が月50万円を超える月収。ほぼ全ての案件が
リモート可案件。

フリーランス・複業・副業の求人マッチングサービス『SOKUDAN(ソクダン)』
を運営するCAMELORS株式会社、週3日フリーランス・副業案件の時給月収年収・
職種別ランキングについて調査した内容をお知らせいたします
SOKUDANに掲載されているフリーランス・副業案件のうち、週3日案件に
限定して時給・月収・年収を職種別のランキング記事としています。
■調査サマリー
週3日稼働案件の月収ランキング1位は「72万円」でデータサイエンティスト
週3日稼働案件の平均月収「460,487円」、年収換算「553万円」
週3日稼働のフリーランス・副業案件の99.4%は「リモート可」
上位12職種が時給3,000円、週3日稼働で月収30万円を超える
上位7職種が時給5,000円、週3日稼働で月収50万円を超える

無題 名無し 04/17 10350
IT企業のリモートワークは今も続いているのか?完全出社必須なら62%の従業員が離職を検討

東京都では、従業員30人以上の都内企業のリモートワーク実施率を発表しているが、
最新データとなる2024年2月のリモートワーク実施率は43.4%となっている。
 リモートワークの実施回数についても調査しており、2024年2月の調査では、
リモートワークを週5日実施しているケースが17.6%、週4日が9.6%、週3日が12.9%となり、
週3日以上が40.1%を占める。
しかい従業員は完全リモートワークは望まず。ハイブリッド勤務が人気
 2023年9月に、日本市場を対象に同社が実施した委託調査によると、リモートワークを経験
したことがある人のうち、82%が「リモートワークを継続したい」と回答しており、62%の社員が
「オフィスでのフルタイム勤務体制に戻らなければいけない場合には、新しい仕事を探すことを
検討する可能性がある」と回答している。

続きを見る09日01:26頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント