モアイ@ふたば
[ホーム]

[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)


画像ファイル名:1530721398697.jpg-(174489 B)
174489 B無題Name名無し18/07/05(木)01:23:18No.52527+ 1月10日頃消えます
刃物の歴史
このスレは古いので、もうすぐ消えます。
削除された記事が2件あります.見る
1無題Name名無し 18/07/05(木)21:57:13No.52562+
    1530795433445.jpg-(451973 B)
451973 B
何はともあれ最初はオルドワン石器
岩を砕いて尖ったところで何でもする
骨を引き裂いて髄をこそげおとしたり
皮から肉をこそげおとしたり
もちろん刃物としては大したことない
2無題Name名無し 18/07/05(木)22:02:43No.52563+
もう少し後のアシューリアン石器
握りやすくデザインしたハンドアックスが代表的
やはり骨を引き裂いて髄をこそげおとしたり
皮から肉をこそげおとしたり
だいぶ使いやすくなっている(はず)
3無題Name名無し 18/07/05(木)22:03:04No.52564+
    1530795784838.jpg-(48843 B)
48843 B
画像忘れた
4無題Name名無し 18/07/07(土)14:48:55No.52617+
    1530942535747.jpg-(248886 B)
248886 B
貴重な画像をアップして差し上げよう
5無題Name名無し 18/07/08(日)00:59:19No.52630+
肉皮加工なら竹製でも実用レベルになる
6無題Name名無し 18/07/08(日)04:53:41No.52637+
    1530993221606.jpg-(130424 B)
130424 B
>肉皮加工なら竹製でも実用レベルになる
北京原人博物館ですね
7無題Name名無し 18/07/08(日)10:08:01No.52646+
サムネだと鼻にマッチ棒を差し込んでるように見える
8無題Name名無し 18/07/08(日)14:11:26No.52652+
資料映像で黒曜石の切れ味を検証していたが
厚い肉でも簡単にスパスパ切れてて戦慄したわ
解体の作業効率も包丁と変わらんのじゃないだろうか?
9無題Name名無し 18/07/08(日)15:13:36No.52664+
>サムネだと鼻にマッチ棒を差し込んでるように見える
中国人は冗談では無く立派な御先祖様にあやかりたいで撫で仏像のように光っているホント
10無題Name名無し 18/07/08(日)16:15:39No.52669+
ヒッタイトとかいう
人類最初の覇権国家
11無題Name名無し 18/07/13(金)20:15:34No.52858+
金属精錬とかどういう経緯で発見されたんだろうなって
12無題Name名無し 18/07/14(土)02:08:22No.52871+
>解体の作業効率も包丁と変わらんのじゃないだろうか?
さすがに無理
切るだけなら結構切れるけどばらすとなると「こじる」時に
黒曜石って簡単に割れちゃう
あと、上手に筋目にそって切らないといけないんよね
臓物なんかを切るのも難しい
焼肉でホルモン噛み切るのが難しいのと一緒
13無題Name名無し 18/07/21(土)01:05:09No.53121+
黒曜石って材料的には石よりガラスに近いからね
14無題Name名無し 18/08/01(水)00:11:52No.53437+
石器が刃物でいいなら定規だって刃物でいいと思うんだけど
15無題Name名無し 18/08/01(水)00:59:47No.53442+
おまえはナニと闘っている?
16無題Name名無し 18/08/14(火)18:03:10No.53791+
>石器が刃物でいいなら定規だって刃物でいいと思うんだけど
わかった定規でイノシシ解体してみてくれ
17無題Name名無し 18/08/17(金)14:03:13No.53842+
そもそも切断の定義って物理学的に難しいらしいな
豆腐を昆布で押し分けるのは切ると言っていいのか
18無題Name名無し 18/08/17(金)15:28:36No.53843+
人の上に鋼材落として上下に分離するのは切断だよね?
19無題Name名無し 18/08/17(金)18:37:21No.53844+
死ぬのがそんなに珍しいのかな?
20無題Name名無し 18/08/17(金)23:33:45No.53853+
刃が当たった部分以外が破損してなければ切断では
21無題Name名無し 18/08/18(土)17:25:06No.53866+
切断の道具ってなんで必要だったのかな
22無題Name名無し 18/08/18(土)17:59:50No.53867+
>切断の道具ってなんで必要だったのかな
料理したり家作ったり服作ったり
23無題Name名無し 18/08/18(土)18:57:25No.53869+
切る道具は最も基本的な道具ですよ
無人島へ裸で放り出されたらよくわかる
24無題Name名無し 18/08/21(火)09:57:58No.53899+
便利だからかそりゃ作るわな
そして素材も獣骨や黒曜石のようなもろいものから金属へとより丈夫だったり大量生産しやすかったりといった利便性を求めていったんだろうか
25なーNameなー 18/08/21(火)16:06:29No.53904+
なー
26無題Name名無し 18/08/21(火)19:28:13No.53905+
コナンザグレートのOP思い出す
27無題Name名無し 18/09/01(土)21:49:33No.54160+
両刃は武器ができてから誕生したんかの
28無題Name名無し 18/09/02(日)20:37:07No.54175+
石器は両刃が基本じゃないか?
石器を作れば勝手に出来るレベルだし、すぐに刃がなくなるのでいちいち叩き直さず引っくり返して使えるように
29無題Name名無し 18/09/05(水)01:05:37No.54215+
>石器は両刃が基本じゃないか?
石器は持ち手の痕跡が残るんだから刃はひとつでしょう
30無題Name名無し 18/09/05(水)02:22:14No.54217+
書き込みをした人によって削除されました
31無題Name名無し 18/09/05(水)02:22:39No.54218+
割りとった薄片のほうは両刃になるし、あまり意味の無い論争かと
32無題Name名無し 18/09/09(日)02:56:02No.54321+
針の歴史ってどうなの
33無題Name名無し 18/09/09(日)10:57:30No.54329+
>針の歴史ってどうなの
ヘロドトスの「歴史」に戦争に負けた将軍を恨みに思った寡婦達に服のピンでチクチク刺されて殺されるって話があるから
それよりは前からあるんじゃない?
34無題Name名無し 18/09/09(日)16:04:43No.54341+
石器時代から骨で作った針みたいなのあったらしいし
服を作るうえで必須アイテムだしね
35無題Name名無し 18/09/23(日)20:10:26No.54839+
和歌山のヤツが使ったククリナイフってまだ手に入るんだろうか?
ククリナイフは対人用だよね
36無題Name名無し 18/09/27(木)20:21:51No.54949+
薮を切り払う用だろ
手首のスナップで動き少なく切れるようにして薮に引っかからないようにだろ
37無題Name名無し 18/09/27(木)21:31:58No.54952+
>針の歴史ってどうなの
ここが出来てすぐくらいのスレで屁理屈ディベーター気取りがさんざ絡んでたけど、石器時代には骨製の針が登場してたみたい。
38無題Name名無し 18/09/28(金)07:29:44No.54961+
>石器時代には骨製の針が登場してたみたい。
まぁ針がないと毛皮の縫製ができないから氷期にユーラシアと陸続きになってた北米への移動ができなくなっちまうしな
あと、寒さを逃れて南の方の海岸へ移動した奴らが製作した釣り針も出土してるし
氷期の到来が針関係の発明や発達に寄与してるのは確実だろう
39無題Name名無し 18/09/28(金)21:54:44No.54968+
氷河期の到来自体がホモサピエンスがアフリカからアラビア半島へと進出していった契機なのでは
40無題Name名無し 18/09/29(土)00:39:33No.54973+
捕らえられた日本の原住民が首を落とされる時に、
天皇にひれ伏し震えおののく様子が風になびく草のようであるため、
日本の原住民は「民草」と呼ばれる

人間ではなく草であるという差別用語なので最近は使うのを控えられているが
最後に使われたのが確認されたのは三笠宮が2005年、
自身の所属する組織の機関紙に寄稿した文章だ

半島から来た神社朝鮮人が日本人であり、日本の原住民は草だというのだ
それで神社朝鮮人が日本土人を見下すときに草が生えてるわwwwなどと言う
41無題Name名無し 18/09/30(日)12:44:29No.55020+
それ刃物と針に関係あるかい?
馬鹿???
42無題Name名無し 18/09/30(日)13:39:37No.55025+
関係ないスレにまで朝鮮天皇とか…
滑ってるしつまらんから止めろって行ったじゃん
そういや針とズボンの件で絡んできたのも
天皇家騎馬民族説を推してる奴だったな
43無題Name名無し 18/09/30(日)14:31:36No.55027+
>捕らえられた日本の原住民が首を落とされる時に、
>天皇にひれ伏し震えおののく様子が風になびく草のようであるため、
>日本の原住民は「民草」と呼ばれる
どうやって知るのだろう?こういう事実(笑)
44無題Name名無し 18/11/12(月)06:09:08No.56214+
馬鹿やキチガイは人に被害がおよばない
状態で自由にさせて置くと
芸術的に開花するって

さんまの恋のからさわぎ で

ゲーテかシェスクピア?が云っていたから自由にさせているんだよ。   
45無題Name名無し 18/11/13(火)01:58:38No.56245+
なんだ?キ○ガイに刃物というネタレスってことか?
46無題Name名無し 18/11/13(火)03:32:50No.56249+
としあきだから刃物をあたえたら自殺するから鋏だな
47無題Name名無し 18/11/26(月)03:16:32No.56470+
砥石ってヨーロッパにも昔からあるのかい
48無題Name名無し 18/11/26(月)19:32:14No.56497+
    1543228334192.jpg-(107528 B)
107528 B
> 砥石ってヨーロッパにも昔からあるのかい

砥石に使える材質は火山活動で隆起した地域でないと出てこないため
ヤスリ棒で研ぐ
49無題Name名無し 18/11/26(月)22:54:09No.56505+
金属を金属ですっても鋭くなるイメージ持てないな
50無題Name名無し 18/11/26(月)23:54:56No.56508+
>金属を金属ですっても鋭くなるイメージ持てないな
ダイヤモンドの研磨にダイヤモンド使ったり
51無題Name名無し 18/11/27(火)01:42:01No.56513+
>金属を金属ですっても鋭くなるイメージ持てないな
金属つっても硬度色々なんだから研磨できて当然じゃね?
52無題Name名無し 18/12/02(日)12:18:59No.56645+
ヨーロッパに有る普通の石で研磨できないのだろうか
大理石とか
コンクリでも煉瓦でも陶器でだって研げると思うんだが
53無題Name名無し 18/12/02(日)12:43:31No.56646+
風呂に水入れるのには必ずしもすぐそばに水道がある必要はなくバケツで運べばいいみたいな話になってるぞ
54無題Name名無し 18/12/02(日)12:44:27No.56647+
丼茶碗の裏の糸尻の釉薬掛かってない素焼き部分濡らしてシュッシュ
陶土にはシリカ(珪素)て研磨剤成分含まれるから簡易的に研げる
55無題Name名無し 18/12/02(日)12:56:36No.56650+
>ヨーロッパに有る普通の石で研磨できないのだろうか

ヨーロッパに全く砥石がないわけではないのだが
56無題Name名無し 18/12/02(日)23:47:08No.56661+
>コンクリでも煉瓦でも陶器でだって研げると思うんだが
ローマンコンクリは脆いから無理
陶器はヨーロッパで作れるようになるのが1700年代だから当然砥石代わりに使うなんてとんでもないクッソ高い食器
57無題Name名無し 18/12/03(月)08:16:07No.56667+
磁器のことを言っているようだ
58無題Name名無し 18/12/03(月)17:00:10No.56672+
    1543824010364.jpg-(14012 B)
14012 B
ぶっちゃけ革で研ぐから
どーでもいい
59無題Name名無し 18/12/08(土)18:33:13No.56821+
研ぐっていつからあるんだ
石斧の頃にはなかったんだろ
60無題Name名無し 18/12/10(月)22:50:09No.56902+
釣り針が大き過ぎる
磨製石器研磨石器を何回テストで書かされたか〜〜
61無題Name名無し 18/12/11(火)00:06:56No.56906+
革で研ぐって研ぎ粉使うんだよね
62無題Name名無し 18/12/11(火)15:08:48No.56918+
磨製石なんて物はない
先に打製石器を発見された学者が
手柄を横取りする為に作った呼称
63無題Name名無し 18/12/15(土)21:02:21No.57009+
昭和の教育は嘘ぱちだったんですね
64無題Name名無し 18/12/20(木)14:50:16No.57110+
冥王星は太陽系から追放されるし,海王星と冥王星の順序変わるし
深々海に生物はいないてのも全部覆された
今日の常識は明日のトリビア
65無題Name名無し 18/12/23(日)01:23:10No.57145+
研磨という工程を思いついた理由が知りたいわ
調整のために細かくたたいてたのが段々擦るようになったとかなのかね?
66無題Name名無し 18/12/23(日)09:57:10No.57151+
>磨製石器なんて物はない・・・
67無題Name名無し 19/01/01(火)13:27:40No.57342+
>革で研ぐって研ぎ粉使うんだよね
石で研ぐときも研ぎ粉を使うことはあるし工業でダイヤモンドの研ぎ粉使うこともある
68無題Name名無し 19/01/07(月)16:15:57No.57461+
研ぎ粉とか誰が気づいたのか
69無題Name名無し 19/01/19(土)00:13:37No.57789+
超振動刃で柔らかいものもスッパリできるようになったけど
あれって刃物に分類していいのか
70無題Name名無し 19/01/21(月)01:14:36No.57863+
のこぎりも刃物だし別にいいんじゃね?
71無題Name名無し 19/04/13(土)17:49:54No.59759+
刃物はマイクロメートルレベルのでこぼこがないと対象に引っかかりができず滑って切れない
刃物をやするのはこの微細なでこぼこを付け直すためでもある
72無題Name名無し 19/04/24(水)23:16:29No.60017+
伝説の剣とか技術や科学がいまいちで切れ味悪いのが現実だよね
73無題Name名無し 19/04/25(木)01:33:14No.60030+
どの刀がどの剣がですか!?
現実世界ですよね!

- GazouBBS + futaba-