アルゼンチンも「再び偉大に」
無題 としあき 02/26 331871

アルゼンチンも「再び偉大に」 ミレイ大統領、トランプ氏と意気投合

アルゼンチンのハビエル・ミレイ(Javier Milei)大統領が24日、米首都ワシントン
近郊で開かれた保守系政治集会「保守政治行動会議(CPAC))」に出席した際、
ドナルド・トランプ(Donald Trump)元米大統領と共に「アルゼンチンを再び偉大に
」と気勢を上げる場面があった。
特徴的な頭髪から不規則発言、伝統的な政治手法に否定的なことでも類似する
両者はそれぞれの演説後に面会。写真撮影に臨む際、トランプ氏は自身の
キャッチフレーズ「アメリカを再び偉大に」をもじり、「アルゼンチンを再び偉大に」
と語った。
ミレイ氏も演説の際、世界は社会主義のせいで「危機」に直面しているとし、
「『アルゼンチンを再び偉大に』することを諦めない」と強調した。

無題 としあき 03/08 331970
中絶は「殺人」 アルゼンチン大統領、高校生の前で明言

ルゼンチンのハビエル・ミレイ(Javier Milei)大統領(53)は6日、
高校生を前に、同国で合法とされている妊娠中絶について、
「殺人」だとの認識を表明した。
ミレイ氏は、国際女性デー(International Women's Day)を2日後に控え、
母校である首都ブエノスアイレスのカトリック系高校で演説。
「皆さんに警告する。妊娠中絶は殺人だ。数学的、哲学的、リベラル的な
観点から証明できる」と語り、同国での中絶合法化を支持した人々を
「人殺し」と呼んだ。
ミレイ氏は昨年12月に就任して以降、女性・ジェンダー・多様性省を廃止。
最近では、差別解消の推進を担う国家機関を大統領府報道官いわく
「全くの無駄」として閉鎖した。
無題 としあき 03/10 331987
アイルランドで8日に実施された憲法改正の国民投票で、
「女性は家庭を優先すべきだ」という条文の維持が決まった。
この条文を削除する政府の改正案が反対多数で否決された。
無題 としあき 03/12 331990
極右のミレイ大統領就任から2カ月でインフレ率は250%を突破した一方、
外貨準備は増加。国民の困窮はさらに悪化しているが..

ミレイは大統領就任早々、通貨ペソを50%以上切り下げた。そのため既に
制御不能だったインフレがさらに悪化。政府の公式データでは、ガソリンの
価格は約2倍、食料品の価格も約50%跳ね上がった。
ミレイ就任から2カ月ほどで、インフレ率は前年同月比250%を突破し、
ベネズエラを抜いて中南米トップを走っている。
昨年の終わり頃には国民の購買力が毎月14%ずつ低下していく状況になった。
アルゼンチン・カトリック大学の調査チームによると、この国の貧困率は2022年末
には43.1%で、ミレイが就任した昨年12月時点では49.5%だったが、今年1月には
57%を超えたとみられる。
無題 としあき 04/16 332253
「ブラジルでは結果が操作されている」ボタフォゴのアメリカ人オーナーが八百長を主張し警察に資料提出

2022年からボタフォゴのオーナーを務めるアメリカ人のジョン・テクスター氏が「ブラジルでは
結果が操作されている」と発言。その証拠だと主張する資料を警察に提出した。
12日、ブラジルメディアの『グローボ・エスポルチ』が報じた。
ボタフォゴのオーナーのテクスター氏はボタフォゴの失速は不可解な判定などが原因で「ブラジルでは結果が
操作されている。特に、パルメイラスが有利になるように恩恵を受けており、サンパウロなど昨年パルメイラス
に敗れたチームの1部選手が、パルメイラス戦で八百長を働いたことを示す証拠もある」と訴え続けていた。
テクスター氏が八百長の証拠だと主張する100ページ以上の資料をブラジルの警察に提出。それらの資料では、
八百長を疑われるプレーが、人工知能(AI)など最新テクノロジーにより分析されているという。
ボタフォゴの会長が主張するように八百長の存在が確認されることはあるのだろうか。

続きを見る10日14:14頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント