ポエムスレポエム君が板違いを
無題 名無し 11/19 92513

ポエムスレ
ポエム君が板違いを理解しないので、専用スレを立てました。
こちらへ誘導しませつ

無題 名無し 11/19 92514
打ちのめされたことのない魂なんてあるのかい
気のおけない友などこの世にいるのか
夢は必ずうち砕かれ、人は夢の前で挫折する
でも、まあいいさ
僕らはこんなに長い間なんとかやってきた
旅先で道を選ぶ時に
どっちが正しい道かと考えたところで
結局はどうにもならないんだ
無題 名無し 11/19 92515
プラタナスの枯れ葉舞う 冬の道で
プラタナスの散る音に 振り返る
帰っておいでよと 振り返っても
そこにはただ風が 吹いているだけ
無題 名無し 11/19 92516
遅い午後の時間の
水彩の静物画のようだ
レースのカーテン越しに陽が差し込み
その影が部屋を洗い清める
ぼくたちは座ってコーヒーを飲む
互いに無関心のなかに横たわる
浜辺の貝殻みたいに
海の咆哮が聞こえるだろう
宙ぶらりんの会話のなかで
薄っぺらなため息が
ぼくたちの人生を区切っている
無題 名無し 11/19 92527
目の前の 紙クズは
古くさい 手紙だし
自分でも おかしいし
破り捨てて 寝ころがれば
僕の一日が 過ぎてゆく
無題 名無し 11/19 92529
僕には数冊の本がある
僕を守ってくれる詩もあるのさ
鎧に身を包むのさ
自分の部屋に隠れて
自分のなかで安全に過ごす
誰に触れることもないから
誰も僕に触れてこないのさ
無題 名無し 11/19 92532
青春の夢にあこがれもせずに
青春の光を追いかけもせずに
流れていった時よ果てしない海へ
消えた僕の若い力呼んでみたい
恋でもいい何でもいい
他の全てを捨てられる
激しいものが欲しかった
無題 名無し 11/19 92535
遠い未来だった
遠い国だった
遠い想いだった
遠い記憶だった
無題 名無し 11/19 92536
目の前の トイレ紙は
糞くさく 湿っぽいし
貫通した指は 不愉快だし
手も洗わず 寝ころがれば
僕の一日が 過ぎてゆく
無題 名無し 11/23 92590
キチガイポエムも随分投稿されてたんだな

続きを見る18日06:48頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント