霜降り明星・粗品の野望は止ま
無題 名無し 04/13 6842

霜降り明星・粗品の野望は止まらない。
「プロのミュージシャンから“ライバル”認識が欲しい」

もともと音楽がめちゃくちゃ好きで、ずっとやりたいなと思ってたんです。けど芸人が
音楽やるときって、正直9割ぐらいはしょうもないと思われちゃうと思うんですよ。
やるからにはプロの方に失礼のないよう、同じ土俵でやりたいな、という理由でレーベル
を立ち上げました。
ただの芸人が「ちょっと趣味で曲出しました」とは違うふうに見せたかったんです。
「芸人でちょっと成功したし、音楽もやりますかぁ! 俺歌うまいって言われんねん!」
というのではなく、俺ほんまに音楽が好きなんで、“ゼロから作る”ということをしたくて。

無題 名無し 04/13 6843
本文無し
無題 名無し 04/23 6850
>
無題 名無し 05/21 6893
“見たことがない音楽”で、プロのミュージシャンからライバル認識をもらいたい

めちゃくちゃおこがましいこと言いますが、プロのミュージシャンの方が、「ライバル」
と思ってもらえるような存在になりたいです。ゆうても芸人の粗品なんで「まぁほっとけ、
あいつは」みたいになると思うんですよ。
逆に芸人界にミュージシャンの方が、漫才ユニット組みました!って入ってきたら
「どうせおもんないやろ」って僕も思っちゃうだろうし。でもそれは自然なことであって。
だから、真剣に音楽をつづけていくので「ライバル」という認識にしてていただきたい
というのが野望です。
“誰も聴いたことがない音楽”を作るのはけっこう難しいと思うんですよ。どんなパターンを
やっても、長い歴史の中で見たら何かには似てしまう。これは仕方ないと思うんですよね。
ただ、“見たことない音楽”は、まだできるんちゃうかなって思ってるんで。レーベルでは、
僕なりのクリエイティブなアイデアが出せたらなと思います。見たことない音楽を、今後作り
つづけていきたいなと思います。
無題 名無し 05/21 6894
霜降り明星・粗品、“世界で1本”150万円のギター購入「6弦から1弦までちゃんと綺麗になるのが好きやな」

お笑いコンビ・霜降り明星の粗品(30)が、世界に1本しかないという、150万円のギターを購入した。
 2歳からピアノを、13歳からギターを始めた粗品。2020年にボカロ楽曲を発表し、2021年には自身の
レーベル“soshina”を設立するなど、お笑い芸人としてだけでなく、アーティストとしても活動している。
粗品が目を付けたのは、金色のボディーが特徴的な150万円のギターだった。試し弾きをしてみると
「6弦から1弦までちゃんと綺麗になるのが好きやな」「かっこええな」と、大絶賛。
「これって何本もあるんすか?」と店員さんに尋ねたところ「それは1本です。世界で1本。」と衝撃の
事実が明らかになった。この一言で「買います」と購入を決断した粗品。

続きを見る05日14:54頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント