マダニが媒介する感染症SFT
マダニの媒介による感染症SFTS ヒトからヒトへ感染 国内初確認 名無し 03/20 201649

マダニが媒介する感染症SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」について国立感染症研究所はヒトからヒトに感染したケースを国内で初めて確認したと発表しました。感染したのはSFTSの患者を担当した医師ですでに症状は軽快しているということです。

国立感染症研究所によりますと2023年4月、SFTSに感染した90代の患者を診察した20代の男性医師が、最初の接触から11日後に発熱し、その後、SFTSと診断されたということで、ウイルスの遺伝子検査で90代の患者と同じウイルスと考えられることなどからヒトからヒトへの感染と診断したということです。

医師の症状は、すでに軽快しているということです。

SFTSのヒトからヒトへの感染は中国や韓国では報告されていますが、国内で確認されたのは、初めてだということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240...


続きを見る22日12:42頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント