新型コロナウイルスの5類移行
コロナ後遺症で2年間寝たきり 演歌歌手の夢挫折 治療法手探り続く 名無し 05/15 201814

新型コロナウイルスの5類移行から8日で1年がたったが、感染後の後遺症に悩む人は多い。演歌歌手の相澤めぐみさん=30代=は、感染した約2年前から激しい疲労感などに襲われ、寝たきりの状態が続く。一時はベッドから動けなくなり、親の介護を受けた。念願かなった歌手への夢は挫折し、日常も奪われた。確立した治療法や特効薬はなく、社会復帰への道は遠い。
「これからというときにコロナで仕事ができなくなり、いつ復帰できるかさえ分からない。これ以上の苦しみはもうない」。幼少期から演歌歌手を夢見て平成26年にデビューした相澤さんは、つらい胸の内を明かす。
令和4年2月、コロナに感染。最初は微熱などで症状も比較的軽かったが、3週間が過ぎても改善せず、次第に強い倦怠(けんたい)感などに襲われた。3月、コロナ後遺症の専門外来に行き、症状の一つである「筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群(ME・CFS)」と診断された。ME・CFSは発症後、心身に負荷をかけると極端に体力を消耗するのが特徴だ。

無題 名無し 05/15 201815
1人暮らしが困難になり、6月には東京から神戸市内の実家に戻った。その後、症状は急激に悪化し、水を飲んでも胃腸障害を起こし、寝たきりの状態になるまで衰弱した。

■一歩も動けず
10月には緊急搬送で入院し、月経の影響などもあり、症状はさらに悪化。体が動かなくなる恐怖とパニックで入院中に鬱病と診断された。
退院後の3カ月間はベッドから一歩も動けず、オムツや酸素チューブを付け、向精神薬で意識がもうろうとした状態で過ごした。「死にたいと思った。治る見込みなんてないと感じた」。それでも、両親が明るく介護してくれたことが相澤さんの心の支えとなった。
今もほぼ寝たきりで、嗅覚も感染前の半分程度しか感じない。自室横にある数メートル離れたトイレに行くにも動悸(どうき)が起き、それ以上に負荷をかければ、強い倦怠感に襲われ、数時間〜3日間は動けなくなることもあるという。
相澤さんは個人事業主のため傷病手当金の対象外。現在、障害者年金の受給も検討しているが、毎月5〜6万円にもなる医療費が重くのしかかる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5a7...
無題 名無し 05/15 201816
ガン患者の死因は
大抵の場合癌そのものではなく
癌が進行する過程で併発した別の病気とかいう話があるけど
もうこれコロナきっかけで別の病気になった人じゃん
無題 名無し 05/22 201842
だから早くワクチン打っておけばよかったのに

続きを見る21日06:47頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント