回避性パーソナリティ障害対人
無題 名無し 06/06 201922

回避性パーソナリティ障害
対人関係において強い不安や自己否定感を持ち、社会的な場面を避けようとする。
この障害を持つ人は、他人からの批判や拒絶を非常に恐れ、結果として、親密な関係を築くことや社会的な活動に参加することを避ける傾向がある。
特徴としては、他人との交流や新しい人と出会うことに対して強い不安を感じ、これを避ける。批判や拒絶を恐れて、職場や学校での活動を控える。
自分が無価値である、あるいは他人から嫌われる存在であると感じる。自分の能力や価値に対する低い評価が続く。
批判や否定的な評価に対して過剰に反応し、深く傷つく。
他人の意見に対して過度に気を使い、否定されることを避けようとする。
失敗や恥をかくことを極度に恐れる。他人との関係が親密になることを避ける。孤独や疎外感を感じやすく、親しい友人や親密な関係が少ない。
人間関係の希薄さに苦しむが、それを変えることが難しいと感じる。


続きを見る18日09:31頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント