モアイ@ふたば
[ホーム]

おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)
  • 添付可能:GIF,JPG,PNG,WEBM,MP4. 2000KBまで. 250x250以上は縮小.
  • 現在5人くらいが見てます.カタログ 新順 古順 多順 勢順 少順 そ順 履歴
  • スレッドを立てた人がレスを削除してスレッド内のみアク禁にできます.
  • メール欄に「id表示」と入れてスレッドを立てるとid表示にできます.
  • メール欄に「ip表示」と入れてスレッドを立てるとip表示にできます.
  • 削除依頼が閾値を超えるとidを表示します.
  • 埴輪・土器石器・世界遺産・遺跡・古代文明
  • 管理人への連絡は準備板 ご意見へ. 削除依頼は記事番号の右のdelを押して下さい.
  • スマホ・携帯ふたば入口 この板の保存数は10000件です. 規約
  • 新しい板: 自然災害 合成音声 任天堂


画像ファイル名:1567407491607.jpg-(110870 B)サムネ表示
110870 B無題 Name 名無し 19/09/02(月)15:58:11 No.61381 del そうだねx1 21年2月頃消えます[返信]
いつまでもいつまでも消えないまま瞳に揺れる
好きだったあの微笑み僕はなくしたくない
無題 Name 名無し 19/11/13(水)20:42:06 No.61574 del +
    1573645326406.jpg-(125306 B) サムネ表示
125306 B
ザ・コクピット 音速雷撃隊 桜花 神風特攻隊 悲しいときはいつも/松田博幸
https://www.youtube.com/watch?v=zpATGf-1tA0
無題 Name 名無し 19/11/17(日)06:54:56 No.61584 del +
    1573941296915.jpg-(132035 B) サムネ表示
132035 B
特攻は天皇の遊び
アニメなんか見てる発達障碍者は真っ先にころされっぞ
無題 Name 名無し 19/11/17(日)07:14:15 No.61586 del +
はいはい、おじいちゃん、今朝はまだおクスリ飲んでないのね?

画像ファイル名:1573271473663.jpg-(67134 B)サムネ表示
67134 B無題 Name 名無し 19/11/09(土)12:51:13 No.61565 del + 21年4月頃消えます[返信]
イルミナティカードスレ
無題 Name 名無し 19/11/09(土)12:53:15 No.61566 del +
    1573271595829.jpg-(320146 B) サムネ表示
320146 B
10万円
無題 Name 名無し 19/11/10(日)06:35:57 No.61568 del +
横浜原爆はいつなの
無題 Name 名無し 19/11/17(日)06:57:33 No.61585 del +
イルミカードは予言じゃなくて予告だよな

画像ファイル名:1572818996006.jpg-(34829 B)サムネ表示
34829 B無題 Name 名無し 19/11/04(月)07:09:56 No.61546 del + 21年4月頃消えます[返信]
モアイ国の実態
無題 Name 名無し 19/11/05(火)09:40:20 No.61553 del +
モアイ国が支援しているイスラエルが
世界中で大使館を一斉に閉鎖

イスラエルはイランを攻撃していたが
イランが反撃のミサイルをイスラエル南部に撃ち込んでいる

もしかしてイスラエルは核戦争の覚悟?
無題 Name 名無し 19/11/05(火)22:08:19 No.61554 del +
日本帝国が最後の李王朝統一国家
あの頃は良かった
無題 Name 名無し 19/11/08(金)19:08:12 No.61563 del +
なるほど、そういうことだったのか
みんなその逆を刷り込まれているんだね
無題 Name 名無し 19/11/15(金)17:01:46 No.61578 del +
どんな妄想だ
無題 Name 名無し 19/11/16(土)08:05:43 No.61579 del +
    1573859143206.jpg-(246710 B) サムネ表示
246710 B
じゃあ具体的に
無題 Name 名無し 19/11/16(土)09:24:50 No.61580 del そうだねx1
おじいちゃん、もう朝ごはんは食べたでしょ?
無題 Name 名無し 19/11/17(日)06:51:36 No.61583 del +
日本の技術が韓国に駄々洩れの謎が解けたっぺよぅ

画像ファイル名:1573768593825.jpg-(64558 B)サムネ表示
64558 B無題 Name 名無し 19/11/15(金)06:56:33 No.61576 del + 21年5月頃消えます[返信]
この写真は安倍党にとって、かなりヤバいらしい
昭和板に貼るとスレごと消される
無題 Name 名無し 19/11/15(金)17:00:31 No.61577 del +
安倍党ってなんだ?
ふたば管理人のことか?
無題 Name 名無し 19/11/17(日)05:37:16 No.61581 del +
写っているのは、昭仁天皇と米軍関係者?
無題 Name 名無し 19/11/17(日)06:49:22 No.61582 del +
天皇が進駐軍高官を引き連れて楽しく登山?

画像ファイル名:1573733696428.jpg-(173246 B)サムネ表示
173246 B無題 Name 名無し 19/11/14(木)21:14:56 No.61575 del + 21年5月頃消えます[返信]
少年宇宙人ひさまつそうたは紛いモン
言ってることがいちいちズレてる

クラリオン星のお金について聞いてみた 〜宇宙人は小学3年生シリーズ4〜
https://www.youtube.com/watch?v=HLO2fgbAqSs

画像ファイル名:1569169590139.jpg-(155120 B)サムネ表示
155120 B無題 Name 名無し 19/09/23(月)01:26:30 No.61430 del + 21年3月頃消えます[返信]
ルイボスティーのルイボスとは何か
無題 Name 名無し 19/09/26(木)22:17:20 No.61445 del +
スレッドを立てた人によって削除されました
本文無し
無題 Name 名無し 19/11/12(火)18:23:21 No.61573 del +
    1573550601554.jpg-(100938 B) サムネ表示
100938 B
本文無し

画像ファイル名:1572715896772.jpg-(73568 B)サムネ表示
73568 B無題 Name 名無し 19/11/03(日)02:31:36 No.61540 del + 21年4月頃消えます[返信]
霊峰富士
レス1件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 19/11/03(日)09:54:57 No.61542 del そうだねx1
なぜ自衛隊は富士山を荒らすのか
この国を運営する者たちが白頭山信仰だからだ
無題 Name 名無し 19/11/03(日)11:03:32 No.61543 del +
    1572746612284.webm-(1946028 B) サムネ表示
1946028 B
富士登山をライブ配信中に滑落
無題 Name 名無し 19/11/04(月)17:08:08 No.61551 del +
    1572854888469.jpg-(992674 B) サムネ表示
992674 B
富士山山頂には郵便局もあるらしいな
無題 Name 名無し 19/11/04(月)20:29:41 No.61552 del +
富士講をただの民間信仰だと思ってたけど、wiki見てみると面白いね
ピューリタン的な現世利益肯定の話が出てくる
無題 Name 名無し 19/11/08(金)19:16:58 No.61564 del +
富士の麓に岸信介や笹川良一の別荘があって
創価学会員用の大規模な墓場があって
その一帯が笹川良一の縄張りになっていた

そのあたりを支配する暴力団後藤組は、創価の暴力装置であり
その組長が雅子を愛人としていたというから驚く
無題 Name 名無し 19/11/09(土)22:45:09 No.61567 del +
滑落は恐ろしい・・・・
無題 Name 名無し 19/11/10(日)15:02:39 No.61569 del +
富士山マジ登りてえよなー
無題 Name 名無し 19/11/11(月)10:17:06 No.61570 del +
ストリートビューで登れるし
無題 Name 名無し 19/11/11(月)18:57:51 No.61571 del +
ストリートビューだと結構画像が乱れてる
無題 Name 名無し 19/11/11(月)18:57:59 No.61572 del +
それに夏山だし

画像ファイル名:1572434905679.jpg-(13536 B)サムネ表示
13536 B無題 Name 名無し 19/10/30(水)20:28:25 No.61529 del + 21年4月頃消えます[返信]
全然ダメだバカコピペ
ソビエト軍というのはユダヤ人

日本軍も宣戦布告なしでロシアに大量の軍隊を侵入させ
7年間もロシア人を強姦し続け、殺し続け、村を焼き
終いには皇帝の金塊を奪った
無題 Name 名無し 19/10/31(木)21:26:14 No.61534 del +
スレッドを立てた人によって削除されました
>全然ダメだバカコピペ
>ソビエト軍というのはユダヤ人

>日本軍も宣戦布告なしでロシアに大量の軍隊を侵入させ
>7年間もロシア人を強姦し続け、殺し続け、村を焼き
>終いには皇帝の金塊を奪った
del
無題 Name 名無し 19/11/01(金)08:34:30 No.61535 del +
スレッドを立てた人によって削除されました
おじいちゃん、晩御飯はもう食べたでしょ?
無題 Name 名無し 19/11/02(土)01:16:35 No.61537 del そうだねx1
そもそもロシアや中国が共産化して
自国民を数千万人も殺すのがおかしい

その真実は
ユダヤ人がロシアを乗っ取り
満州人が中国を乗っ取ったものだ

そしてやりたい放題にしている状況を隠すために
我々は共産主義なんだよ〜と言う
無題 Name 名無し 19/11/08(金)18:55:08 No.61562 del +
    1573206908697.gif-(38206 B) サムネ表示
38206 B
「シベリア派兵」

大正時代、日本は宣戦布告なしでロシアに大量の軍隊を侵入させ
7年間もロシア人を強姦し続け、殺し続け、村を焼き
終いには皇帝の金塊を奪った

ソビエト赤軍の正体は、なんのことはない
ウクライナあたりのユダヤ人であり
その寄生虫ユダヤ人がロシアを支配することを日本軍が、支援したということなんだね

画像ファイル名:1530414531695.jpg-(365667 B)サムネ表示
365667 B無題 Name 名無し 18/07/01(日)12:08:51 No.52408 del + 12月19日頃消えます[返信]
ロシア赤軍レイプ強姦共産主義の真実
このスレは古いので、もうすぐ消えます。
レス33件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 19/07/28(日)01:24:23 No.61179 del +
どうしてこうなったかというと、話はフランス革命(1789 - 1799)にまでさかのぼることになる。フランス革命での革命政府は軍事的には素人集団であったといっていいだろう。王制を倒したはいいが、外国からの干渉は常に軍事的な圧力の形でフランス革命政府を揺るがせた。頼りになったのは職業軍人たちであるが、基本的にこの時代の軍人は、革命より個人的な野心を優先させていたのである。その最たるものがナポレオン・ボナパルトである。軍事的に弱体だったフランス革命政府は、そういった職業軍人たちの野心を承知の上で彼らに依存せねばならなかったのである。その結果起こったのが、革命の失速と軍人専制である。市民革命として始まったフランスの動乱は、ナポレオンが「皇帝」に即位してフランス「帝国」の成立を宣言することによって終わったのである。このことはロシア革命(1917)でも教訓とされたようで、政治教育や政治将校の配置といった制度で、軍隊を如何に革命に組み込むかに多大な努力がはらわれることになるのである。
無題 Name 名無し 19/07/28(日)01:25:59 No.61180 del +
革命防衛軍としての労農赤軍は、革命党とその政府を守護するのが職務なのであるが、ここには国家や国民という概念が存在しない。あくまでも守護する対象は革命党とその政府なのである。このことはのちにソビエト連邦を破滅の瀬戸際にまで追い詰めることになる。第二次大戦でのドイツとの戦争(独ソ戦、1941 - 1945)は、モスクワの革命政府がソ連(ロシア)の民衆に信用されていないことをはっきりさせてしまったのである。さいわいにして(と言うべきかどうか)ナチスの占領地政策が過酷なものであったから本格的な離反にはつながらなかったが、一般のロシアの民衆は共産主義の理想や革命の大義などに関心を持たなかったのである。当然ながらそのために命を懸けることもない。独ソ戦の初期に労農赤軍将兵が熱狂的に戦ったと言われる半面、何十万人もの兵士がドイツ軍に降伏しているのも事実である。「祖国戦争」という古い言葉が持ち出され、民衆が伝統的に感じている素朴な国防意識に訴えることで、ソ連はようやく挙国一致の体制を作り上げるのである。
無題 Name 名無し 19/07/28(日)01:27:32 No.61181 del +
ここからはまったくの妄想になるのであるが、第二次大戦におけるドイツとの戦争は1917年から始まったロシア革命の熱狂に冷や水を浴びせることになったのではないか。革命とは革命党と軍隊だけがすべてではないという事実をソ連の指導者たちが改めて思い出したのではないか。しっかりとした基盤なくして革命も思想もその実践もないのである。建国間もないソ連で一国社会主義論と世界革命論が対立したのは有名な話だが、そういう意味ではスターリンの方が現実的だったわけである。1946年に労農赤軍はソビエト連邦軍と改称され実質的に国軍としての地位を確立する。革命防衛軍としての建前はともかく国軍になったということはその職務の第一は国家に忠誠を誓い国益を守ることである。兵士を供給させられる側のソ連(ロシア)の民衆にとって見慣れた風景が帰ってきたのである。ソ連共産党の変化は世界中の関連団体に大きな動揺を与えることになり中ソ対立といったことまで起こるのだが、それはまた別の話である・・・という話である
おわり
無題 Name 名無し 19/07/31(水)07:36:58 No.61197 del そうだねx8
あんまり長いと読んでもらえんぞ
無題 Name 名無し 19/07/31(水)12:05:28 No.61198 del +
いっしょうけんめいかきました
無題 Name 名無し 19/09/26(木)01:44:17 No.61441 del +
https://youtu.be/e22NeJPY1YA
無題 Name 名無し 19/10/11(金)00:06:28 No.61479 del +
労農赤軍について簡単にまとめてみたが、それほどおかしなことは書いていないはずである。ロシア革命の指導者たちがフランス革命について考察していないわけがなく、それどころか反面教師として重大な関心を持っていたように思える。一説によると初期の共産主義者と「戦争論」には密接な関係があったという。「戦争論」といえばプロイセン王国の軍人であるクラウゼヴィッツ(1780 - 1831)の著作であるが、彼は対ナポレオン戦争に参謀将校として従軍していた人物である。トロツキーを、そして「赤いナポレオン」と呼ばれたトゥハチェフスキー(1893 - 1937)を排除した理由もこのあたりの事情によるものではなかったか。1930年代に、一時は労農赤軍を半身不随にしたという「大粛正」(投獄処刑されたのは軍人だけではなかったが)もスターリンの気まぐれなどではなく、起こるべくして起こったと言えるかもしれない。「革命の果実を『皇帝』には与えない」という強い意思は感じられるが、筆者としては「おっさん、やりすぎとちゃうか?」と言いたくもなる・・・と、まあ、こんなことを考えなくても世の中は渡って行けるから気にしなくていいが
無題 Name 名無し 19/10/17(木)19:36:42 No.61488 del +
ソ連国家保安委員会(KGB)という組織があった。もちろんソビエト連邦の政府機関の一つのことで、冷戦下の世界では米国のCIAとつばぜり合いを演じる存在だった。一般にはスパイ組織として認知されているが、実際は国内外の情報収集とその分析、ソ連内の統制から治安維持、さらには国境警備にいたる幅広い分野を担当していた。こういうのはソ連内務省の仕事なのではないかという部分もあるが、KGBの職務はそういった官庁から切り離されていたといっていい。これはつまりKGBもまた革命防衛機構の一部だったからである。ソ連軍(労農赤軍)が国内外の反革命武装勢力への対抗手段だとすれば、KGBはソ連共産党とその政府を直近で守護する役割を負っていたのである。もとを辿ると革命直後の混乱期に悪名を轟かせたチェーカーにまでたどり着く。市井に潜む反革命分子(ボリシェビキ主観ではそうなる)の摘発にほとんど無制限といっていい職権をふるい、レーニンを首班とする革命政府を守りきった組織である。その後に幾度かの組織改編を経て1954年にKGBとなり、冷戦期のソ連を支える大黒柱となるのである・・・おや・・・?こんな時間に誰だろう・・・?(;° ロ°)
無題 Name 名無し 19/10/30(水)19:57:17 No.61528 del +
筆者は時々とりとめのない妄想に耽ることがあって、その中でコンパクトなソビエト連邦史を書いてみたいと思ったことがある(頭にあったのは『ドイツ参謀本部』だった)。わずか八十年足らずで興亡したこの偉大な実験国家は勃興から崩壊に至る道筋が明瞭であるように思われたし、筆者にも扱えるような気がしたからである。もちろんそれは筆者の心得違いであって、生半可な知識でどうにかなるようなものではないことに気づいてがっかりしたのであるが(よくあることである)。もとより政治思想としての共産主義に物申すつもりはまったくない。そういった部分には出来るだけ触らないように書いたつもりである。ロシア型の共産主義が何を目指していたかを妄想して膨らませていった訳だが、どういう意味であれ学問的なものとは無関係だと筆者自身思っているので、わりあい気楽に書いた。軍事的側面から見れば二十世紀初頭のロシアで何が起こっていたかを比較的わかりやすく説明できるのではないかという予感はあったがどうであろう。歴史的事実が半分、妄想が半分。小説のプロットか要約程度の感覚で読んでいただければさいわいである。
無題 Name 名無し 19/11/07(木)11:30:47 No.61559 del +
屁が出る瞬間をスローで見ると結構感動しますよ!

画像ファイル名:1551185517779.png-(966357 B)サムネ表示
966357 B無題 Name 名無し 19/02/26(火)21:51:57 No.58709 del + 20年8月頃消えます[返信]
ダークエルフ
レス12件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 19/07/24(水)00:04:15 No.61165 del +
彼がその部屋に入ったのはちょっとした偶然でした。埃の溜まった薄暗い部屋の中に誰かいるとは思っていなかったのです。しわがれた低い声で誰何されたとき、彼はすくみ上がってしまいました。「ほう、魔法を使うようですね」とその声は言いました。「まだまだ未熟ですね。魔法の力に仕えるより、唯一にして偉大なる存在の栄光に奉仕しようとは思いませんでしたか。私のように」彼はその言葉で、話している相手が僧侶であることに気づきました。しかもかなりの高齢者のようです。魔法の力に仕える者、と言われて彼は自分がひどく利己的な人間だと言われたように感じたので、魔法使いの弟子はそれを言い返しました。「利己的であることに何の不都合がありますか?奪い犯し殺す。私がそういうことをしないからといって、他人より窮屈に生きていることにはなりませんよ。誰しも心の赴くままに生きている」彼は少しだけ悪戯をしてみることにしました。師匠の影響かどうかは定かではありませんが、彼は偉そうな年寄りをからかってみたくなったのです。
無題 Name 名無し 19/07/24(水)00:07:48 No.61166 del +
簡単な魔法なら彼にも使えます。その辺にある小物を僧侶に放り投げてみるつもりで魔法使いの弟子は薄暗い部屋の中を油断なく観察しました。「ははは、この部屋で魔法は使えませんよ」僧侶の愉快そうな声が聞こえます。「この部屋では私であっても必要な物は自分の足で取りに行かねばならないのです。私にとって最も忠実な召使いは自分自身である、ということです」かっとなった彼はさらに言い返そうと身構えましたが、いつの間にか彼の背後に師匠である魔法使いが佇んでいました。「この異端者の破戒坊主。私の身内にちょっかいを出さないでよ」魔法使いの言い方は穏やかで、二人は知り合いのようです。「おやおや、あなたのお弟子さんでしたか。まだ破門はされていないようですから、異端というわけではないですよ」その高齢の僧侶は、魔法使いとの会話を楽しんでいるかのようでした。「あんたも、こんな坊主の話を真に受けるんじゃないわよ。用事はは済んだから帰るわよ」師匠について部屋を後にする彼の耳に僧侶の声が入り込んできます。「それでは、またいつか・・・」と。
無題 Name 名無し 19/07/24(水)11:53:27 No.61167 del +
>用事は済んだから帰るわよ
無題 Name 名無し 19/08/31(土)23:01:48 No.61375 del +
むかしむかし、とある大陸の片隅にエルフの魔法使いと人間の男の子(弟子)が住んでいました。今日の彼は師匠である魔法使いのお供で、この地域で最も大きい街にやって来ました。たどり着いたのは、こじんまりとした一軒家です。魔法使いはここの主人である呪具職人に用事があってやってきたのですが、どうもいきなりは入っていけない事情があるようです。
「ここが例の職人さんの家ですか・・・」
「まあね、いま考えている魔法の実験には、どうしてもここの呪具が必要なのよ」
「お金では動かない頑固職人ねえ・・・何か手土産でも持っていったらどうでしょう。色仕掛けとか・・・」
「・・・やっぱり、それしかないか・・・」
そう言う師匠の視線が自分に向いているのに気づき、青ざめた表情の魔法使いの弟子は、にじるように後ずさりをするのでした。
無題 Name 名無し 19/08/31(土)23:03:08 No.61376 del +
むかしむかし、とある大陸の片隅にエルフの魔法使いと人間の男の子(弟子)が住んでいました。
「ぼぼぼ、僕が何かするんですか・・・!?」
「・・・偏屈な頑固者だけどそういう趣味はないみたいよ・・・はあ、本職の女の子連れて来る時間はないし、やっぱし私がやるしかないか・・・」
「・・・師匠が色仕掛け・・・?」
「くすん、こんなもんかなあ・・・」
魔法使いは少しだけスカートの裾を持ち上げて、ぎこちない引きつった微笑を浮かべてみるのでした。
無題 Name 名無し 19/08/31(土)23:04:51 No.61377 del +
むかしむかし、とある大陸の片隅にエルフの魔法使いと人間の男の子(弟子)が住んでいました。
「師匠、何をやってるんですか!」
「な、なによ・・・」
「まがりなりにも色仕掛けなんですよ!?もっとガバーッといくべきです!!」
「あんたね!!!」

(なにやら表の方が騒がしいのう・・・)と思いながら玄関に出てきた老職人の目の前で、魔法使いとその弟子は取っ組み合いの喧嘩をおっぱじめてしまったのでした。
無題 Name 名無し 19/11/05(火)23:10:25 No.61555 del +
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 19/11/05(火)23:17:31 No.61556 del +
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 19/11/05(火)23:54:36 No.61557 del +
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 19/11/06(水)07:12:04 No.61558 del +
書き込みをした人によって削除されました

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
最初のページ[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

- GazouBBS + futaba-